ストリートアーティスト、Ben Eineが8月19日より、MEGUMI OGITA GALLERYにて個展を開催。

by Mastered編集部

ロンドンを拠点に活動するストリートアーティスト、ベン・アイン(BEN EINE)が個展“LOVE AND HATE”を8月19日(金)より、銀座・MEGUMI OGITA GALLERYにて開催する。
1970年生まれのベン・アインは14歳の頃より、路上でグラフィティを描き始め、後にバンクシー(BANKSY)やアンソニー・ミカレフ(Antony Micallef)をはじめとした数々の作家のスクリーンプリントを制作。2008年からは満を持してソロアーティストとして本格的な活動をスタートさせ、近年では『アニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)』とのコラボレーションやMOCA(ロサンゼルス現代美術館)の「ART IN THE STREETS」への出展で多くの注目を集めている。

そんな同人物の日本における初の個展となる本展では、文字にこだわって制作を続けてきたアインの集大成として、A to Zのサーカスフォントの作品を中心に展示を予定。独創的な色彩や、形態感覚が織りなす作品の数々はいずれも高い完成度を誇っており、アート好きならずとも必見のイベントと言えそうだ。

なお、ベン・アイン本人も本展に合わせて来日することとなっており、ストリートでのライブペイティングの他、デニムブランド『キャントン(canton)』とのコラボレーションアイテムも登場予定。その他、個展の詳細については下記のURLより。

【Ben Eine LOVE AND HATE】
開催日時:8月19日(金)〜28日(日) 11:00〜19:00
※8月22(月)のみ休廊
開催場所:MEGUMI OGITA GALLERY 
〒104-0061 東京都中央区銀座2-16-12 B1 MAP
TEL:03-3248-3405
http://www.megumiogita.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。