BEAMSが4月18日(土)・19日(日)に開催される「アースデイ東京2009」に協賛参加

by Mastered編集部

スタッフTシャツボディについて

スタッフTシャツボディについて


地球のことを考えて行動する日として世界中で広く賛同を得ている「アースデイ(Earth Day)」。市民や企業が年に一度、地域コミュニティの中での立ち位置を見直し、より良い行動を目指していくきっかけを提案しているイベントです。

そして今週末、4月18日(土)と19日(日)に渋谷区の代々木公園を中心に開催されるアースデイ東京2009。そこにビームス(BEAMS)も協賛参加することになったそう。

3度目の参加となる今回は「ビームスにできるエコなこと」をテーマに、アースデイ東京のスタッフTシャツと「シブハナ」へのユニフォーム提供、TIME CAFE SHIBUYAにおけるアースデイ・スペシャル・メニューやREDUCEプログラム (ビームスでの買い物時、簡易包装への協力をするたび毎に100円が環境団体に寄付される運動)の実施など、多岐にわたって応援に取り組む模様です。

そのなかでも、とくに注目したいのはデザインディレクションをクリエイティブディレクターである窪浩志氏が手掛けたスタッフTシャツ。ボディには世界で初めてオゾン漂白を用い、その製造過程におけるCO2排出量をすべてオフセットしたTシャツ を使うという画期的なプロダクトで、これはモノを作る行為自体がCO2を排出していることに注目し、可能な限り排出を抑える製造方法を選び、なお発生させてしまう排出に関してはカーボンオフセットするという一連の責任をきちんと意識したモノのようです。

スタッフTシャツ

スタッフTシャツ

 
エコ活動については いろいろな意見があるとは思いますが、この方もかつて語ってくれたようにカジュアルな姿勢で出来ることから取り組むエコを、ファッション業界からも発信するのはとても魅力的だと思います。

http://www.beams.co.jp/news/event/2009-1.html

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。