BassとOpening Ceremonyのコラボシューズ

by Mastered編集部

oc-bass
かつて、ローファー「ウィージャンズ」で一世を風靡したアメリカの老舗シューズブランド『バス(G.H.BASS&Co.)』。

そのローファーは、アイビールックの足元を飾るアイテムとして脚光を浴び、さらにサドル部分のスリットに1セント硬貨(1ペニー)を挟むと幸運が訪れると噂になったことで一大ブームを巻き起こし、「ペニーローファー」という別称まで得ました。

そんなバスが、NYを拠点とした人気セレクトショップ「オープニング セレモニー(Opening Ceremony)」とコラボしたシューズラインを発表したようです。

気になるラインナップは、ローファーとモカシン、サドルシューズのディテールを取り込んだレースアップブーツの3型各3色で、アメリカらしい仕上がりになっていますね。

価格は不明ですが、今年の夏の終わりくらいには店頭にお目見えするらしいです。

アメリカのファッションアイコン、クロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)や、サンリオとのコラボなどを精力的に取り組む「オープニング セレモニー」からは、今後も目が離せませんね。

[via:h(y)r collective magazine]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。