2008年英国ファッションアワードにて、ルエラ・バートリーがデザイナー・オブ・ザ・イヤーに

by Mastered編集部

木曜日、ロンドンの王立ローレンス・ホールで行なわれた2008年英国ファッションアワードにて、ルエラ・バートリーがデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたようです。
ルエラ・バートリーと言えば、一度ファッション誌編集者に転身を遂げた後に再度デザイナーに返り咲き、2000年には「the Elle Young Designer of the Year」を受賞。現在はルエラ(Luella)というブランドで活動し、日本ではモデルのジゼルのために作ったジゼル バッグ(GISELE BAG)が有名ですね。

2008-2009年 秋冬コレクション

その他の部門では、バーバリー(Burberry)のクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)がメンズデザイナー・オブ・ザ・イヤーを2年連続で、スティーブン・ジョーンズ(Stephen Jones)が英国ファッション協議会賞を受賞。さらにジミー・チュー(Jimmy Choo)やルパート・サンダーソン(Rupert Sanderson)、ジョーダン・ダン(Jourdan Dunn)、また来季H&Mとのコラボラインを手掛けるマシュー・ウィリアムソン(Matthew Williamson)などが各賞を受賞した模様です。

クリストファー・ベイリーが素晴らしいのは認めますが、メンズシーンに早くネクストデザイナーが出現するのを望みますね。

[via:WWD]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。