レザーからコーデュロイまで。BARACUTAの『G9』に多彩な新作が登場

by Keita Miki

発売以来、世界中で愛され続けているBARACUTA(バラクータ)のハリントンジャケット『G9』。同アイテムの多彩な新作が8月末に店頭に登場する。

1937年にJohn Miller(ジョン・ミラー)とIsaac Miller(アイザック・ミラー)の兄弟が、イギリスのマンチェスター郊外にて創業したBARACUTAは、翌年の1938年にBARACUTAのアイコンである、レッドカラーをベースに、ブルーとグリーンが重なったチェック柄”フレイザー・タータン”を生み出した。

そして、英国軍のジャンパーを元にゴルフ用のアウターウェアとして誕生したのが、全てのブルゾンの原点と言われるハリントンジャケット、『G9』である。

1960年代にSteve McQueen(スティーブ・マックィーン)を始め、Frank Sinatra(フランク・シナトラ)、Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)など映画黄金期のハリウッドスターがこぞって『G9』を着用したことで、その人気は不動のものに。

そんな『G9』が今シーズンはレザーを使用した『G9 LEATHER』や、コーデュロイを使用した『G9 WINTER CORD』、鮮やかなカラーリングなど、様々な形で登場。

販売は各取扱店舗にて実施予定となっているので、店頭で見かけた際には欠かさずチェックを。

【お問い合わせ先】
WOOLRICH JAPAN CUSTOMER SERVICE
TEL:0120-566-120

172,800円(税込)

62,640円(税込)

49,680円(税込)

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。