世にも奇妙な「スニーカーの葬儀」が六本木で開催中

by Keita Miki

スニーカーにとっての”死=(加水分解)”をテーマに”遺影アート”を描き、スニーカーの葬儀を行うというユニークなイベント『ARTRIM MARK/S/NEAKER』が、現在、Styles ROPPONGIにて開催中だ。

KAZUYA YASUDAによるスニーカーアートの初の個展となる本イベントは、2部制になっており、KAZUYA YASUDAが所属するReebok(リーボック)の『PUMP FURY』を心より愛する謎のアート集団・PENKINURITATE JAPANのメンバーであるHIDEKI TSUJI、KYOHEI、NAOKI.Tの作品も登場。

愛着のあるスニーカーの死をしっかり受け止める、今までにないアートが展示されている。また、TAKUMI IWASE – TOKYOGUNS、kotori – 輝彫師によるスニーカーのイラストやアクリル板に彫刻を施し、光で表現した斬新な切り口の作品がよりスパイスの効いた一体感を演出。

そして第2部ではKAZUYA YASUDAがデザインするSLACK FOOTWEAR(スラック フットウェア)のポップアップも同時開催。

第1部は9月13日(金)まで、第2部は9月30日(月)の開催となっているので、くれぐれもお見逃しなく。

ARTRIM MARK/S/NEAKER

開催期間:~2019年9月13日(金) ※第2部は2019年9月14日(土)~9月30日(月) 11:00~21:00
開催場所:Styles ROPPONGI
東京都港区六本木6-10-1六本木森タワーウェストウォーク4F
TEL:03-6415-7722

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。