アクアスキュータム、ロンドンコレクションへ参加せず

by Mastered編集部

1851年にロンドンで創業、トレンチコートの人気ではバーバリーと双璧をなす存在で、王室御用達にもなっている『アクアスキュータム(Aquascutum)」。今まではロンドンファッションウィークでコレクションを披露していたのですが、2010年のコレクションへの参加を取りやめたようです。
それは、1990年より日本企業のレナウン傘下にある同ブランドを、中国の衣料販売大手YGMトレーディングが買収するために交渉に入っているためで、レナウンとしては売却するブランドに余計な資金を使いたくないのが原因だとか。
たしかに人の手に渡るかもしれないブランドには投資する魅力はないですからね。

ただ、ブランドとしてネガティブなイメージを与えてしまうのは今後の運営にも響いてくると思うので、早めに交渉を成立させ軌道を回復させてくれることを望みます。

[via:The Cut]