花と植物の新しい価値観を追求するAMKKのインスタレーションがStandByで開催

by Seiya Kato

フラワーアーティストの東信と、ボタニカル・フォトグラファーの椎木俊介が主宰するクリエイティブ集団・AMKKによるインスタレーション『Paludarium Tachiko & Yasutoshi』が、12月12日(土)より原宿のStandByにて開催される。

ゲリラ的に花屋をオープンさせるプロジェクト『FLOWER SHOP KIBOU』や、花と人が交わる瞬間を撮り下ろした写真作品群『FLOWER AND MAN』、成層圏に花や盆栽を打ち上げるドキュメント作品『EXOBIOTANICA』など、花や植物を用いて多彩な表現を行うAMKK。

今回は、植物を外気から守り成⻑を促進させるパルダリウムを新たに解釈した作品たちを数多く展示。AMKKの世界観を存分に味わうことができる空間となっている。

その他、イベントの詳細については、以下より、ご確認を。

AMKK『Paludarium Tachiko & Yasutoshi』

開催期間:2020年12月12日(土)~2021年1月31日(日)※毎週火曜日、2020年12月28日(月)~2021年1月5日(火)は定休日
開催場所:StandBy
東京都渋谷区神宮前5-11-1
TEL:03-6427-5834

PHOTO BY SHIMIZU KEN

PHOTO BY SHIMIZU KEN

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。