Alexander McQueenがアーカイブ生地を未来のデザイナーたちに寄付

by Keita Miki

Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)がSarah Burton(サラ・バートン)の導入した教育プログラムの一環として、ブランドのアーカイブ生地をイギリスの学生に寄付する新たな取り組みをスタートさせた。

Steven Stokey-Daley ©Liam Leslie

生地や素材を必要とする学生へ寄付することを念頭に置き、Alexander McQueenが過去10年間に渡って保存してきた、メンズ・ウィメンズの両コレクションのサンプルとプロダクションで残った生地を有効活用する画期的な取り組みとなる、本プロジェクト。

今季のロンドンコレクション期間中に行われた、学生の卒業コレクションの中で、既にそのアーカイブ生地を使用して創作されたルックも披露されており、この記事に掲載されている写真はウエストミンスター大学のSteven Stokey-Daleyが発表したルックである。

イギリスのファッション大学や専門学校に集う、インターナショナルかつクリエイティビティ溢れる才能のある若者たちへの新たなエールとなる、Alexander McQueenのドネーションプロジェクトに、今後も注目していくとしよう。

【お問い合わせ先】
Alexander McQueen
TEL:03-5778-0786
http://www.alexandermcqueen.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。