『アレキサンダー・マックイーン』がメンズのアンダーウェアコレクションを6月にローンチさせるようです。

by Mastered編集部

先日自らの命を絶ってしまったアレキサンダー・マックイーンにとって、ラストプロジェクトとなってしまったメンズのアンダーウェア コレクションが 6月に発売されることが決定したようです。

このラインは、『ジル・サンダー』などのアンダーウェアやスイムウェアも手掛ける『Albisetti S.p.A.』とのライセンス契約によって販売され、今やシグネチャーとなったスカルプリントやフェザープリントが施されたショーツをメインに、ベーシックな下着や、サヴィル・ローからインスピレーションを受けたパジャマ、ミリタリーテイストに仕上げたラウンジウェアなどを展開。2011年夏にはスイムウェアも展開される予定だとか。
価格はボクサーブリーフが 52.50ドル(約4700円)、シルクのパジャマで 555ドル(約50,000円)。

2011年夏にアイテムが展開されるということは、そこまではブランドの存続は確定しているのでしょうか? デザイナー不在なのに、ライセンスだけが一人歩きするような自体だけは避けて欲しいところですね。

[via:the Cut]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。