東京・茗荷谷にて『二階堂明弘 作陶展』が開催中

by Mastered編集部

0143
『へうげ十作』にも選出され、先日の『ト・コヲシケ』でもトップクラスの売り上げを叩きだしたという益子の陶芸家、二階堂明弘。
土器を彷彿とさせる独特な質感の作品で注目を集める、若手人気作家です。
そんな二階堂明弘の個展が、東京・茗荷谷の『コントラストガレリアCONTRASTO GALLERIA』にて4月25日(土)まで開催されています。

今回は「酒」をテーマに、普段はインテリアショップである同店オーナーの見立てにより、酒器を中心とした作品の数々が店内に所狭しと配置。
二階堂氏自身が無類の酒好きということもあり、ベーシックなものからこだわりの提案型酒器まで、幅広いラインナップになっています。

イームズの椅子やリチャード・サッパーのTIZIOなどをはじめとした名作家具のなか、絶妙な存在感を放つ「極渋」な作品達。モダンなインテリアとの相性の良さにあらためて驚かされます。特に北欧家具が好きな方にはおすすめです。
数千円という買い求めやすいプライスから用意されているのも嬉しい限り。
注目株・二階堂氏の「土」を感じさせる作品に、是非触れてみてください。
 

【二階堂明弘 作陶展】
会期:2009年4月16日(木)〜25日(土)
会場:東京茗荷谷・CONTRASTO GALLERIA
   東京都文京区大塚1-1-3 1F MAP
   地下鉄丸の内線茗荷谷駅より徒歩2分 拓殖大学西門斜め前
営業時間:12:00〜18:30 20日休廊 最終日は17:00終了
作家在廊:4月18日・19日・25日

存在感のある片口

存在感のある片口

大きなサイズの花器も

大きなサイズの花器も

名作照明TIZIOなどと並んでディスプレイ

名作照明TIZIOなどと並んでディスプレイ

二階堂明弘氏。<br>最終日にも在廊するそう。

二階堂明弘氏。
最終日にも在廊するそう。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。