adidas Originals by Hender Schemeのニューアイテム

by Keita Miki

2017年秋冬シーズンのスタート以来、発売毎に大きな話題となっているadidas Originals(アディダス オリジナルス)とHender Scheme(エンダースキーマ)による共同プロジェクト、adidas Originals by Hender Scheme。その最新作が、11月24日(土)に発売される。

通算3回目となる今回のコラボレーションでは、adidas(アディダス)独自の最新技術や機能性を配したランニングシューズを中心に、フットウェアとアクセサリー計7アイテムを展開。

オリジナルモデルを踏襲しながらも、新しいプロダクトへ変換させたいというHender Schemeの意向により、”NEW CRAFT”のエッセンスと、adidasの熟練の生産背景を用いて、歴史あるZXシリーズの新たなプロダクトを完成させた。

『HS ZX500 RM』では、1984年にナイロンとスウェードのアッパー、EVAのソールで作られたZXシリーズの最初のモデル『ZX 500』をベースに、アイコニックなベジタブルタンニンレザーを採用。BOOST™フォームのミッドソールと2種類のレザーを施すことで現代的に再構築した。

『HS ZX 500 RM FL』は、自然なヌードカラーを生かしたスムースレザーを用いることで、時間と共に持ち主の履き方やコンディションによって独自の艶や魅力を放つ仕様に。

2種類のベジタブルタンニンレザーを採用したホワイトとブラックの『HS ZX 500 RM MT』には、メッシュアッパーとプルコード式のレーシングシステムを搭載。フルレザーモデルと同じスムースレザーと、染色を施した経年の風合いが異なるシュリンクレザーにより、異なる素材の変化を楽しむことが可能となっている。

また、アクセサリーは計4型が登場。それぞれ考え抜かれた機能的な素材と、自然な発色と風合いが印象的なレザーという、adidasとHender Schemeにとって象徴的な素材を用いて製作されている。

『HS SHOE CASE』はスムースの仕上げが特徴的。日本の風呂敷のデザインをモチーフにした『HS TOTE LARGE』、『HS TOTE SMALL』、3パネルのキャップ『HS 3 PANEL CAP』には、シボ感のあるベジタブルタンニンレザーを採用した。

販売はadidas Originals Flagship Store Tokyo、スキマ 恵比寿、伊勢丹新宿店、DOVER STREET MARKET GINZA、UNITED ARROWS & SONSにて実施予定。各店での販売方法については以下のお問い合わせ先より、ご確認を。

【お問い合わせ先】
adidas group customer service
TEL:0570-033-033 (土日祝除く、9:30~18:00)
https://adidasoriginalsbyhenderscheme.com/

40,000円 + 税

28,000円 + 税

28,000円 + 税

9,990円 + 税

4,990円 + 税

12,000円 + 税

7,990円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。