プロエンザ スクーラーがゲストキュレーターをつとめた『A MAGAZINE』No.9が発売

by Mastered編集部

AMAG
マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)やアンダーカバー(UNDERCOVER)の高橋盾氏、先日残念ながらブランドをクローズさせると発表したヴェロニク・ブランキーノ(VERONIQUE BRANQUINHO)など、そうそうたるメンバーがゲストキュレーターをつとめ、通常の雑誌では見ることができない程アーティスティックで刺激的な誌面作りを行なっているベルギー発のファッション&カルチャー・マガジン『A MAGAZINE』。

その最新号 No.9が、ピッティ(PITTI IMAGINE)開催中に発売されたようです。
これは、今回のゲストキュレーターが「プロエンザ スクーラー(Proenza Schouler)」のジャック・マッコロー(Jack McCollough)とラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)であり、彼らがピッティで開催するインスタレーションに合わせられた模様。
この辺の内容については、『A MAGAZINE』のBLOGに詳しく書かれています。

気になる中身はまだ確認できていませんが、ファッション・アイコンとして活躍するクロエ・セヴィニー(Chloë Sevigny)が表紙に登場したり、ピッティのインスタレーションの飛ばし具合を見る限りは、かなり期待できそうな予感。
近く洋書店などに並ぶはずなので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

 
さて、先日発表されたCFDAアワードでもアクセサリーデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞、今回はピッティに招待デザイナーとして招かれ、『A MAGAZINE』のゲストキュレーターもつとめた「プロエンザ スクーラー」。もうそろそろ日本でもブレイクしてもいい頃だとは思うのですが…、いまいち火がつく気配がありませんね。
  
[via:Fashion Copious]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。