3年間の延長契約を結んでいたケイト・モスと『トップショップ』のパートナーシップが今年いっぱいで終了に

by Mastered編集部

01画像はトップショップの公式サイト。

2007年より契約をスタートし、2009年には3年間の延長契約を結んでいたはずのケイト・モス(Kate Moss)と『トップショップ(TOPSHOP)』ですが、そのパートナーシップが今年一杯で終了することになったようです。

英大手メディアBBCをはじめとした各誌が伝えたところによると、彼女にとって14回目のコラボレーションとなる『Kate Moss for TOPSHOP』2010年秋冬コレクションをもって両者の契約は終了となり、後任にはトップショップのオーナーであるフィリップ・グリーン(Philip Green)の19歳になる娘、クロエ・グリーン(Chloe Green)が有力候補として挙がっているのだそう。

気になる契約終了の原因ついては今のところ明示されていませんが、フィリップ・グリーンはイギリスのThe Times誌が行ったインタビューの中でこの件に関して、次のように語っています。

「両者のパートナーシップは、私たちにとっても彼女にとっても素晴らしい経験になったよ。しかし彼女にはこれ以上、多くの時間やデザインを作り出す余裕は無いようだ。」

ちなみにケイト・モスがこれまでトップショップにもたらした利益は、少なくとも300万ポンド(約3億9千万円)にも上るのだそう。ファンにとっては残念な結果となりましたが、彼女の次なる飛躍、そしてジャムに期待するとしましょう。

[via : BBC & Daily Mail]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。