「Purely Made in England」 老舗英国靴ブランド[JOSEPH CHEANEY]の新コレクション『1886 Collection』。

by Mastered編集部

1886年創業の[JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)]のシューズは現在、創業から10年後の1896年から稼働している歴史ある自社工場にて職人の手により作られている。

左からHEYFORD、KINGS CLIFFE、YELVERTOFT 各59,000円 + 税

左からHEYFORD、KINGS CLIFFE、YELVERTOFT 各59,000円 + 税

1886年創業の[JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)]のシューズは現在、創業から10年後の1896年から稼働している歴史ある自社工場にて職人の手により作られている。

この歴史ある工場の100周年を記念して1996年にブランド設立年を冠して制作されたラスト“1886”を全てのモデルに使用しているのが『1886 Collection』。同コレクションは、「古い文化と新しい文化」が共存する英国そのものを表現したものであり、まさにブランドのNEW STANDARDと呼べる存在だ。現代のスタイリングにあうようにモダナイズドされており、フォーマルとカジュアルの間で履けるコンテンポラリーな英国靴。

全てのモデルを外羽根に統一、ソールをダブルソールにすることでカジュアルではもちろん、アッパーレザーにキメの細かい上質なカーフを使用、またアッパーレザー同様ライニングとアウトソールを全てブラックに統一することでモード感漂う上品な印象となり、ドレススタイルでの着用にも対応できる。

1886ラストは英国伝統のクラシックなラウンドトゥであり、土踏まずは絞られ、ヒールカップもやや小さめとなっている為、程よく足にフィット。もちろん製法はグッドイヤーウェルテッド製法となっており、履き込むことで自分の足に馴染み、履けば履くほどシューズの良さを体現できる。

同コレクションに使用されるレザーは、今はなき、150年の歴史に幕を閉じたボックスカーフの名タンナー「カール・フロイデンベルグ」の伝統と技術を継承し、高品質なカーフレザーを生産しているドイツのタンナー「ウィンハイマー社」のカーフレザー。使い込むことで馴染んでくる柔らかさと落ち着いた光沢感も魅力的だ。

さらに、[JOSEPH CHEANEY]というブランドの特筆すべき点として、カッティングからファナルポリッシュまでの全ての工程を靴の聖地ノーザンプトンの自社工場で行っているという点がある。商品へのクオリティに対して一切の妥協なき姿勢から生まれる逸品を足元から体感してみて欲しい。

【お問い合わせ先】
渡辺産業プレスルーム
TEL:03-5466-3446

JOSEPH CHEANEY 日本オフィシャルサイト:http://cheaney.jp
JOSEPH CHEANEY 商品購入サイト:http://www.british-made.jp/cheaney/index.html

1

2

3

5

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。