香港のアパレル企業「I.T」が『ア ベイシング エイプ®』の買収を発表。負債額なども明らかに。

by Mastered編集部

pitch香港の上場企業「I.T」が『ア ベイシング エイプ®(A BATHING APE®)』や『ベイプキッズ®(BAPE KIDS®)』、『アーサス ベイプ(URSUS BAPE®)』などを展開する株式会社ノーウェアの発行済株式90.27%を取得し、ノーウェアを子会社化すると発表しました。

今回、買収を発表した「I.T」は、中国本土にセレクトショップを186店舗も展開する中国アパレル界の一大グループ。年間売上高315億円というこの巨大グループは、既に昨年、上海と北京に「ベイプストア(BAPE STORE®)」をオープン、運営しており、株式取得によって、中国のストリートウェアファッション市場における同ブランドのシェア拡大を見込んでいるようです。

プレスリリースによれば、買収額は日本円で2億3000万円。ノーウェアグループの有する10億円以上にものぼる負債をI.Tが引き受け、経営の健全化を目指すとのこと。

そこで、ファンとしては気になるのがブランドの今後。この買収後、NIGO®氏はどうするのかといえば、今後2年間はノーウェアのクリエイティブディレクターを務め、プロダクトデザインとブランドのディレクションに専念することになるそうですが、その後についてはまだ未定とのこと。
今後の動向に引き続き、注目していきましょう。

https://www.ithk.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。