免税店チェーンDFSが50周年企画の一環として、アートなジャック・ダニエルの酒樽7つをオークション形式にて販売

by Mastered編集部

top今年11月に創立50周年を迎える免税店チェーン「DFS」。この記念キャンペーンとして同社は『クロエ(Chloe)』や『トゥミ(TUMI)』、『フェンディ(FENDI)』、『エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)』などのラグジュアリー・ブランドとコラボレートした限定アイテムの販売を行ってきましたが、それに続く新たな企画として登場したのは、なんとウイスキーの王様『ジャックダニエル(Jack Daniel’s)』の酒樽7つをオークション形式にて販売するというものでした。

今回、販売される酒樽はDFSが世界中から厳選した7人のアーティストがそれぞれデザインを施した世界に1つだけのアイテム。気になる参加アーティストは、マーク・サンプソン(Mark Sampson)、ジェフ・ローランド(Jeff Roland)、ブライアン・ボウイ(Bryan Bowie)、ダナ・トムサ(Dana Tomsa)といった面々。
なお、オークションは下記リンク先にてすでに開始されており、現在の最高額はマーガレット・ホー(Margaret Ho)による作品の900ドル(約7万6000円)。終了予定日の11月1日まで、約2ヶ月余りを残していることを考えると、どこまで価格が高騰するのか想像も付きませんね…。

なお、これらの酒樽はオークション終了までオークランド、シンガポール、アブダビ、ムンバイ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、そしてニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港という世界7ヶ所のDFS店舗にて展示が行われていますので、機会があればご覧になってみてください。

http://www.dfs50.com/jackdaniel/
[via : Bornrich.org]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。