今シーズンの『マーク マクナイリー』は、デジタルカモのウィングチップシューズが大本命です。

by Mastered編集部

top自身のブランドだけでなく、復活を果たした『ウォーク オーバー(WALK-OVER)→関連記事や、来年2011年秋冬シーズンより『ウールリッチ ウーレン ミルズ(Woolrich Woolen Mills)』も手がける→関連記事など、各方面から引く手あまたのアメリカ人デザイナー、マーク・マクナイリー(Mark McNairy)。確かにアメリカントラディショナルをベースにしながら、ストリート的な要素や現代的なニュアンスをさりげなく織り交ぜるバランス感覚は、彼ならではのものでしょう。

そんな彼のシグネチャーラインから今シーズンリリースされるシューズも、当然無視の出来ない絶妙な仕上がり。なかでもすっかり当編集部的にハートを打ち抜かれたのが、今回まずご紹介するウイングチップタイプのシューズです。

ホワイトバックスなどでおなじみのレッドブリックソールに、コンビのロングウィングチップを組み合わせたこのモデル。その時点でCluster的にはかなりポイントも高いのですが、その上アッパーにデジタルカモプリントの生地を採用とあれば、黙っているわけにはいきません。
文章だけだとかなりストリート色の強い仕上がりに聞こえるかもしれませんが、デザートカモとブラウンスウェードのコンビなので、意外にも(?)かなり大人な表情。さまざまなコーディネートでアクセントになってくる汎用性の高さも魅力的な、おすすめの一足です。

他にもインターナショナルギャラリー ビームスには渋いグリーンヌバックのウィングチップやサドルシューズなどが、すでに店頭で展開中。どれも素晴らしい出来なので、是非チェックしてみてください。


マーク マクナイリーのシューズ
35,700円
(インターナショナルギャラリー
ビームス)

デジタルカモが存在感あり。

ソールはオーソドックスな
レッドブリックソール。


マーク マクナイリーのシューズ
39,900円
(インターナショナルギャラリー
ビームス)

グリーンヌバックのアッパーは
「渋い」のひと言。

こちらはパターン付きのソールを採用。

International Gallery Beams

お問い合わせ先

インターナショナルギャラリー ビームス

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-25-15 2F MAP
Tel:03-3470-3948
営業時間:11:00〜20:00
http://www.beams.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。