リバティーンズのフロントマン、ピート・ドハーティーがハンナ・マーティンとタッグを組んでジュエリーラインをローンチ!

by Mastered編集部

45cover
ピート・ドハーティーのソロアルバム
「Grace / Wastelands」

本年8月にめでたくフルメンバーでの再結成を果たしたイギリスの人気バンド、リバティーンズ(The Libertines)
そのフロントマンであるピート・ドハーティー(Pete Doherty)がこのたび、イギリスの人気ジュエリー・デザイナー、ハンナ・マーティン(Hannah Martin)とタッグを組んで、新たなジュエリーラインをローンチしました。


今回ピートとコラボレーションしたハンナ・マーティンはロンドンのセントラル・セントマーチン校を卒業後、ジバンシィ(Givenchy)、カルティエ(Cartier)などで手腕を発揮。2005年からは満を持して自身のシグネチャーブランドをスタートさせ、そのキュートなジュエリーはマドンナ(Madonna)、アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Joli)、アギネス・ディーン(Agyness Deyn)といった数々のセレブリティにも愛用されています。

そんな彼女と音楽界随一の洒落者であるピート・ドハーティーがデザインを手掛けたこちらのラインはその名も“アルビオン・トリンキトリー(Albion Trinketry)”。現地メディアが伝えたところによると、既にカフスリング、指輪、バッジ、チェーンで出来たネックレスや時計など計15点ものアイテムがラインナップされており、いずれもピートの好みであるアンティーク・スタイルが反映されたデザインになっているとのことです。
なお、上記の15点のほか、近日中にはユーザーがデザインしたジュエリーを受注生産するサービスも開始され、オフィシャルサイトもオープンする模様。

これまでにもエディ・スリマン(Hedi Slimane)、ロベルト・カバリ(Roberto Cavalli)をはじめとした、多くのファッション業界人を魅了してきたピート・ドハーティーだけに今後が楽しみなニュースとなりましたね。日本上陸にも多いに期待しつつ、続報を待つとしましょう。

[via : NME]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。