ファッション業界の著名人もこぞって登場! 米「GQ」誌がフォトグラファー、テリー・リチャードソンとの仕事を一挙公開です。

by Mastered編集部

ObyO現在、世界中のあらゆる業界から最も多くの注目を集めているといっても過言ではないニューヨーク出身の天才フォトグラファー、テリー・リチャードソン(Terry Richardson)
その活躍の幅はファッションブランドの広告はもちろんのこと、映画のポートレートやショーの撮影など実に多岐に渡っており、誰しもが彼の写真を一度は目にしているかと思われます。そんな彼がなんとこのたび、男性誌「GQ」の誌上で撮りおろした数々の写真をGQのオフィシャルサイトにて一挙公開しました。


“The Best of Terry Richardson”と題された今回の特集記事には全40枚の写真が掲載。言わずもがな、被写体として登場しているのはトム・フォード(Tom Ford)、ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)、リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)、ミーガン・フォックス(Megan Fox)、ファレル・ウィリアムズ(Pharrell Williams)、ジェイ・Z(Jay-Z)、(コービー・ブライアント(Kobe Bryant)、ニコラス・ケイジ(Nicholas Cage)などなど、いずれ劣らぬ古今東西のセレブリティばかりです。

ちなみに、テリー・リチャードソンというと、どうしても過激な性描写の写真ばかりが注目されがちですが、こちらの特集では一切ヌード写真は無し。色眼鏡抜きで、再度彼のすごさを確認出来る良い機会になるかと思いますので、ぜひ下記リンク先よりご覧になってみてください。
なお、既にご存知の方も多いかとは思いますが、彼は昨年末より自身のブログをスタート。こちらの方にも日々様々な写真がポストされていますので、興味のある方はあわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

http://www.gq.com/entertainment/celebrities/201010/terry-richardson-best-of-photos#slide=1

・Terry Richardson’s Diary
http://www.terrysdiary.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。