ファッション業界では『ルイ・ヴィトン』が貫禄のトップ! 「世界で最も価値ある企業ベスト100」が発表に

by Mastered編集部

010インターブランド(Interbrand)社が年に1度発表する、全世界注目のランキング「世界で最も価値ある企業ベスト100」が今年も発表されました。

本年度、栄えある第1位に輝いたのはコカコーラ(Coca-Cola)。同社はランキングの開始以来、これで11連覇達成となり、圧倒的な強さを見せ付けています。
そして、こちらにはファッション業界からもビックネームが多数ランクイン。数あるファッションブランドの中でトップに立ったのは、ラグジュアリーブランドの代名詞『ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)』などを傘下に持つ複合企業、LVMHでした。ちなみに、企業価値は219億ドル(約1兆8800億円)で、前年比約4%減とのこと。また、引き続きファストファッションブランドの健闘も目立ち、『H&M』は21位、『ZARA』などを保有するインディテックス(Inditex)社は48位に登場しています。

この他にも、『ナイキ(NIKE)』、『グッチ(Gucci)』、『バーバリー(Burberry)』、『エルメス(Hermes)』、『アディダス(Adidas)』などがベスト100にラインナップ。一方で、『ポロ・ラルフローレン(Polo Ralph Lauren)』、『プラダ(PRADA)』、『プーマ(PUMA)』の3社は、昨年の圏内からランク外に順位を落としています。なかなか、興味深いランキングとなっていますので興味のある方は以下、リンク先よりどうぞ。

http://www.interbrandjapan-seminar.info/index.html
[via : Just-style]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。