ドリス・ヴァン・ノッテンが「Hint Fashion Magazine」の人気コーナー“One Sentence or Less”に登場

by Mastered編集部

still1

いわゆる「アントワープの6人(the Antwerp Six)」の1人として知られ、世界中に多くのファンを持つベルギー出身のデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)がニューヨークのファッションマガジン「Hint Fashion Magazine」の人気コーナー“One Sentence or Less”に登場しました。

一問一答形式で行われるこちらのインタビューコーナーには、これまでにヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)の2人や、イギリス人帽子デザイナー スティーブン・ジョーンズ(Stephen Jones)などが参加。

今回も彼らしいお茶目な回答や、思わずハッとさせられるような答えが飛び出し、実に興味深い内容となっていますので、いくつかご紹介させて頂きます。なお、全文は以下リンク先より。

— 今日このインタビューの前には何をしていましたか?

このインタビューが実現することを怖れてたよ。

— ではこの後は何をする予定ですか?

無事に終わってほっとするかな。

— あなたがこれまでで最も誇りに思う瞬間はいつですか?

私の50回目のファッションショーの時。

— あなたの一番の後悔は何ですか?

今のところ無いよ。

— バイオグラフィーの最初の一文を自分で書くとしたら何と書きますか?

しばしば、旅人だと誤解された…。

— これまでであなたの一番大きな損失は何ですか?

私のビジネスパートナーであり、共同創業者でもあるクリスティーヌ・マティスの死だね。

[via : Hint Fashion Magazine]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。