デザインテーマはスタンリー・キューブリックのあの名作!? 『アントニオ・アゾーロ』の2011年春夏コレクションに注目です。

by Mastered編集部

45cover

『エルメス(Hermes)』、『ケンゾー(KENZO)』、『ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)』など名だたるメゾンで10年以上に渡って経験を積み、2008年より満を持して自身のシグネチャー・ブランド『a.a.』をスタートさせたアントニオ・アゾーロ(Antonio Azzuolo)。現在開催中のニューヨーク・ファッションウィークにて発表した彼の2011年春夏コレクションがある理由により、大きな話題を呼んでいます。

サスペンダーにボーラーハット、そして細身のパンツにベストとハイソックス。これらが今回のショーで印象的に使用されたアイテムなのですが、皆様何か思いだしませんか? そうです、キーワードはスタンリー・キューブリックが1971年に公開した不朽の名作「時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)」。まずは同映画のオフィシャルトレーラーをご覧下さい。

もちろん、映画の衣装そのままのコレクションということではなく、実際のランウェイではストライプ柄のニット、ボタンダウンシャツ、スタジャン、マウンテンパーカーなど様々なアイテムが登場しています。まさに2010年版、アレックス・デラージとも言うべき、フルコレクションは以下のリンク先より。

http://thefashionisto.com/antonio-azzuolo-spring-2011-new-york-fashion-week/

[via : fashionista]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。