アフリカをバーチャル体験!? ディーゼルの創始者レンツォ・ロッソが革新的な貧困撲滅プロジェクトを発表しました。

by Mastered編集部

45cover

『ディーゼル(DIESEL)』の創始者であるレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)がオーナーを務め、ディーゼル、『55DSL』はもちろんのこと、『メゾン・マルタンマルジェラ(Maison Martin Margiela)』、『ヴィクター&ロルフ(Victor & Rolf)』など数々の高級ブランドを傘下に持つホールディングカンパニー、オンリー・ザ・ブレイブ(Only The Brave)
彼らがこのたび、世界中の貧困撲滅に向けたプロジェクト「オンリー・ザ・ブレイブ・ファウンデーション(Only The Brave Foundation)」を発表しました。


アフリカをはじめとする世界中の貧困を撲滅させるため、若い世代の人々と取り組んでいくことをミッションとしたこちら。
その為、今回のプロジェクトは彼らが、世界的非営利団体、ミレニアム・プロミス(Millennium Promise)と共にアフリカ・マリにある人口2万人のディオロという村をオンリー・ザ・ブレイブ・ミレニアム・ビレッジとして支援し、その様子を随時、オンリー・ザ・ブレイブ・ファウンデーションのサイト上で視覚的に確認出来るように趣向を凝らした、革新的なモノとなっています。

少しだけ説明をすると、こちらのサイトではオンリー・ザ・ブレイブ・ミレニアム・ビレッジを歩き回って、人々と会話をしたり、ゲームを楽しんだりといったリアルなバーチャル体験が可能。さらには、サイトを通じて実際に寄付も出来るようになっています。

まぁ何はともあれ、百聞は一見にしかず。テキストは残念ながら英語のみとなっていますが、前述のようにビジュアルだけで楽しめるコンテンツが盛りだくさんですので、ひとまずは下記リンク先より、気軽に覗いて見てはいかがでしょうか。

■オンリー・ザ・ブレイブ・ファウンデーション
http://www.otbfoundation.org/

http://www.diesel.co.jp/news/detail.php?id=37

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。