『ドルチェ&ガッバーナ』に続き、『ヴァレンティノ』にも脱税疑惑が浮上!? イタリアの国税当局が本格調査に乗り出した模様です。

by Mastered編集部

45cover

昨年末には『ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)』が総額約13億4000万ドル(約1112億円)の脱税容疑により、検察当局に起訴されるというショッキングなニュースも報じられたイタリアのファッション業界からまたもや驚きの一報が届きました。

今回、ことの発端となったのはイギリスに本社を置く世界最大の金融グループ、HSBCホールディングスの元従業員がリークした“Falciani List”と呼ばれるスイスのプライベートバンク部門の顧客情報。
海外、大手紙が伝えたところによると、個人や企業名義の秘密口座、約7000件が記入されたこのリストには、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)、レナート・バレストラ(Renato Balestra)、ジャンニ ブルガリ(GIANNI BVLGARI)といったファッション界の著名人をはじめ、「荒野の用心棒」などで知られる映画監督、セルジオ・レオーネ(Sergio Leone)など数々のセレブリティの名前も含まれており、その資産総額は69億ドル(約5700億円)にも上るとのことです。

まだ彼らの脱税が決定的となった訳ではありませんが、国税当局は本格的な調査に乗り出す方針を固めており、大きな騒動となることは間違いなさそうですね。ひとまずは、続報を待つこととしましょう。

[via : life in italy]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。