『ギャップ』がFacebookの位置情報割引サービス“Deals”と連携して1万本のジーンズを無料配布! ジーンズが手に入らなくても全商品が40%オフになるそうです。

by Mastered編集部

top先日、突如として新ロゴを発表し、あまりの不評のため結局は従来のロゴに戻すという大騒動を巻き起こしたばかりの米大手衣料品メーカー『ギャップ(GAP)』がまたもや驚きの計画を発表しました。

今回の計画は11月3日(アメリカ時間)に開催されたFacebookのモバイル向け位置情報割引サービス“Deals”のプレス・カンファレンスにて明らかにされたもの。
簡単に説明すると、この“Deals”というサービスはユーザーが自身の現在位置をFacebookからチェックインすることで、様々な特典や割引が受けられるというものなのですが、ギャップはこのキャンペーンの一環として、なんと1万本ものジーンズを無料で配布するそうです。
さらに、配布するジーンズが規定数に達してしまった後にチェックインした際にも、全ての商品が40%オフにて提供される予定。しかもアメリカ国内のギャップであれば、どの店舗でもOKとのことですので、これはまさに太っ腹と言わざるを得ませんね。

なお、現在のところ、実際の配布日やこのキャンペーンがアメリカ以外のギャップでも行われるのかといった詳細については不明。
ぜひとも日本でも開催して欲しいところですが、ひとまずは続報を楽しみに待つとしましょう。

なお、ClusterのFacebookファンページはこちらから。
http://www.facebook.com/pages/Cluster/142395419126125

[via : fashionista]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。