K-1チャンピオン・武尊が偏愛するVANSの『ANAHEIM FACTORY PACK』

by Nobuyuki Shigetake

遡ること55年前、カリフォルニアはアナハイムにて、Paul Van Doren(ポール・ヴァン・ドーレン)が3人のパートナーと共にショップをオープンしたことからスタートしたVANS(ヴァンズ)。創業当初はカスタマーの依頼を受けてからの製造、販売まで全ての工程を自社で行なっており、この受注生産のカスタムメイドは、VANSがアメリカから世界へ波及するに至った1980年代頃まで続いた。
そんなVANSの歴史にオマージュを捧げ2018年に誕生した『ANAHEIM FACTORY PACK』は、アナハイムファクトリーで製造していた頃のシューズを彷彿とさせる、重厚感溢れる10オンスキャンバスやスウェードを取り入れるなど、当時のディテールを忠実に踏襲しつつも、インソールには”UltraCush”が使用されるなど、今日的なアップデートが施されている。
本特集ではこの『ANAHEIM FACTORY PACK』の魅力を伝えるべく、K-1チャンピオンであり、VANSのシューズを愛してやまないという武尊をフィーチャー。セルフスタイリングで『ANAHEIM FACTORY PACK』を履きこなしてもらうとともに、独自のファッション観について話を訊かせてもらった。
※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Kazuki Miyamae | Model:Takeru | Interview&Text&Edit:Nobuyuki Shigetake

VANSの『OLD SKOOL 36 DX(ANAHEIM FACTORY)』 10,000円(VANS JAPAN TEL:03-3476-5624)、その他本人私物

— 今日履いていただいた『ANAHEIM FACTORY PACK』はいかがでしたか?

武尊:VANSは普段からよく履いているのでいつも通りの安心感がありつつも、やはり良いな、と再確認しました。履き心地も良いし、ファッションにもよく馴染む。それに、レッドを基調としたカラーリングはかなり自分好みです。

— このカラーリングは武尊さんっぽいイメージがあります。

武尊:レッド、好きなんですよね。いつもスタイリングのどこかしらに必ずレッドを入れるようにしていて。

— それはなぜですか?

武尊:レッドはぼくにとってチャンピオンコーナーの色。チャンピオンであり続けるためのジンクスのような感じで、しっかり守っていますね(笑)。

— 今日着ていらっしゃるご自身のブランド・UPD’T(アンプレセデンテッド)の洋服にもレッドがポイントで使われていますね。

武尊:そうですね。必ず入れるようにしています。ただ、自分で課したルールなんですけど、大変なことも多くて……。ぼく、逆にブルーは絶対に着ないようにしていて、めっちゃ可愛くって着たいと思う洋服があっても、ブルーが入ってたら選べないんですよね。ブルーはぼくにとってはチャレンジャーコーナーの色だから。着るとチャンピオンでいられなくなる……じゃないですけど、いろいろと葛藤がありますね(笑)。

— そのほかにも、ご自身で設けているファッションのルールはありますか?

武尊:スターになりたい、という意味を込めて星モチーフのアイテムをアクセサリーなどで身に付けています。あと、これもジンクスなんですけど、ジュエリーは全部ゴールドにしていますね。シルバーは絶対に身に付けません。シルバーは銀メダル、2番の色だから。いつでも金メダル、1番でいられるように、金色のものを身に付けるようにしています。

VANSの『CLASSIC SLIP-ON 98 DX(ANAHEIM FACTORY)』 8,500円(VANS JAPAN TEL:03-3476-5624)、その他本人私物

— 普段からVANSをよく履かれるとのことですが、武尊さんにとってのシューズ選びの基準があれば教えてください。

武尊:シューズを主役にスタイリングをすることが多いので、シューズ自体のインパクトとスタイリングでの色合わせは重視しています。今日のスタイリングもシンプルに纏めてシューズを際立たせつつ、各所で赤を拾って。自分のブランドもそうだし、今日のシューズもそうですけど、シンプルだけど普通ではない、って雰囲気のアイテムが好みですね。

— VANSというブランドに対してはどのようなイメージがありますか?

武尊:バリエーションも多彩でカッコいいシューズが多い、というのは言わずもがなではあるんですけど、リーズナブルなのに、老若男女、誰が履いていてもお洒落に見えるってのが何よりすごいですよ。そこにカルチャーがあるからなんだろうな、と思いますね。

VANS『ANAHEIM FACTORY PACK ”Hot Lips”』

左から、8,500円、11,000円、8,500円、10,000円

バリエーションは『OLD SKOOL』、『CLASSIC SLIP-ON』のほか、『SK8-Hi』、『ERA』の全4種。また、シューズのほかにも同柄を用いたカバーオールや総柄シャツ、ロングスリーブTシャツ、ソックスなどアパレルウェアから小物まで、多彩なアイテムがラインナップしている。販売は、VANS STORE各店および、ABC-MARTの一部店舗などで2月24日(水)より実施予定なので、近隣の取扱店にて実物をチェックしてみてほしい。

【商品のお問い合わせ先】
VANS JAPAN
TEL:03-3476-5624
https://gs.abc-mart.net/feature/6184/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。