奈良裕也とSeiko 5 Sports – ヘアメイクと腕時計選びの共通点 –

by Nobuyuki Shigetake

”Show Your Style”をコンセプトに新たなデザインをまとって2019年にリローンチしたSeiko 5 Sports(セイコー 5スポーツ)。
1960年代に登場し、かつて海外でも絶大な人気を獲得した同シリーズの再スタートは大きな話題を集め、高品質な機械式ウォッチでありながらリーズナブルなプライスということもあって、品切れとなるモデルが続出した。2020年には人気のモデル群に新作を加え、さらに充実したラインナップとなっている。
本特集では、そんなSeiko 5 Sportsの代表モデルをSHIMA原宿のアートディレクターであり、ヘアメイクアップアーティストである、奈良裕也が着用。ヘアメイクアップアーティストという身嗜みのプロとしての視点から、またファッション好きの視点からも、その魅力を語ってもらった。
※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Takeshi Hoshi | Styling:Hisataka Takezaki | Model:Yuya Nara | Text:Atsushi Hasebe | Edit:Nobuyuki Shigetake

「シルバーのアクセサリーが好きで、いつも着けっ放しにしてるんですよ。寝てるときもずっと。ですから、シルバーはどんな服装にも合うモノを選んでますね」

そう語る奈良裕也だが、同じ身に着けるアクセサリーでも、腕時計は服装やシーンに合わせて選ぶと言う。

Seiko 5 Sports Street Style 『SBSA063』 34,000円、FUMIE TANAKAのジャケット 68,000円、パンツ 42,000円(DO-LE co ltd. TEL:03-4361-8240)、KICS DOCUMENT.のシャツ 24,000円(HEMT PR TEL:03-6721-0882)、BLOHMのシューズ 34,000円(STUDIO FABWORK TEL:03-6438-9575)、その他本人私物

『SBSA063』のシャイニーな文字盤とべゼルの煌めきは、愛用のシルバーアクセサリーと好相性なのはもちろんのこと、流行りのテラコッタなど個性的なカラーの服装にも合わせやすい。

「ヘアメイクという仕事柄、仕事をしている時は腕時計は外してますしね。元々はカジュアルな服装が好きなんですが、最近はジャケットやスーツを着る機会も増えましたから。そういうときは、それに相応しい腕時計を選ぶようにしてます。ヘアもシーンやTPOによって変えるようにしてるんですよ。カジュアルなシーンや服装の時は前髪を下ろしてますが、キチッとドレスアップする時は、前髪を上げたりもします。そんなときは時計もクラシックなタイプを選びますね」

今回、Seiko 5 Sportsの3つのモデルを試してもらった。ベゼルのシックな質感が特徴的な『SBSA063』、オールブラックでナイロンストラップタイプの『SBSA025』、そして、ひと回り小振りなケースサイズの『SBSA045』。この中で『SBSA045』が一番好みだと言う。

Seiko 5 Sports Sports Style 『SBSA045』 28,000円、JOHN SMEDLEYのモックネックニット 31,000円(Lea mills agency TEL:03-5784-1238)、KHONOROGICAのチェックパンツ 29,000円(HEMT PR TEL:03-6721-0882)、10eyevanのメガネ 70,000円(EYEVAN 7285 TOKYO TEL:03-3409-7285)、その他スタイリスト私物

小ぶりなケースに合わせたインデックスが相まって『SBSA045』は、ややドレッシーな印象。シリーズ中でもっとも幅広いスタイルに合うモデルとなっている。

「オールブラックのタイプもカジュアルな服に合いそうですし、カッコいいですよね。もうひとつのラグジュアリーさも捨てがたい。でも、3本の中でも、これが一番好きですね。もともとゴツ過ぎたり派手過ぎる腕時計は好みじゃなくて、基本的にトラディショナルなタイプが好きなんです。これはとってもシンプルなのに、遊び心も感じるし、どこか可愛さもあっていいですね。自分は男性の中では手首が細い方なので、このサイズ感も嬉しいです」

写真で見たときにはあまり印象に残らなかったそうだが、実際に着けてみて印象が大きく変わったと言う。

「着けてみると、装着感もいいですし、美しいし高級感もすごくありますね。これでこの値段なんですか。感心しました。チープ感が全くないですから。SEIKO(セイコー)というブランドには、老舗のイメージがありましたが、そういうトラディションみたいなモノも感じますね」

Seiko 5 Sportsは今日の多彩なスタイルに対応するよう、5つのスタイルを持ち、様々なモデルがラインナップされている。一方で、実はシリーズに共通する要素も少なくない。

まず、見た目の特徴はリュウズが4時位置に配されている点。これはダイバーズウォッチのデザインを引き継いでいるのだ。そして、もうひとつ全てのモデルに共通する大きな特徴は、リーズナブルなプライスながら、全てのモデルに自動巻きの機械式ムーブメントを採用している点だ。

Seiko 5 Sports Street Style 『SBSA025』 34,000円、NO CONTROL AIRのニットカーディガン 21,500円、VA-VAのイージーパンツ 16,000円(ともにVA-VA TEL:03-6434-1373)、WRAPINKNOTのニット 27,000円(HEMT PR TEL:03-6721-0882)、MOONSTARのシューズ 5,000円(MOONSTAR CUSTOMER CENTER TEL:0800-800-1792)、その他本人私物

『SBSA025』はカジュアル感の強いナイロンベルトながら高級感も損なわれていないので、フーディなどのストリート感の強いスタイルから、リュクスなスタイルまで幅広く使える。

「私自身は時計マニアではないですし、腕時計は見た目と質感で選ぶのであまりムーブメントは意識しませんが、作り手としてそうした伝統を大切にしてる点には好感を持ちますね。それが決して高額過ぎない点もいい。初めてこうした機械式時計を買う人にもいいでしょうし、若い人が最初の腕時計を選ぶのにも良さそうですね」

ヘアメイクアップアーティストは新しい流行やトレンドを生み出していく仕事。だから、自分自身も何かひとつに固まり過ぎず、常に変化するように心掛けているという。一方で、40歳を超えベテランとなったいま、若い世代と接した時にギャップを感じることもあるそうだ。

「若い世代の新しいカルチャーや考え方に接して勉強になることもありますし、刺激を受けることも少なくない。そこから新しいアイデアを得ることももちろんあります。でも、人との接し方とか、疑問に思うこともあったりするんですよ。古臭いことを言うようですけど、ヘアメイクという仕事は人対人の仕事。接客業でもありますから」

若い頃から雑誌の誌面に出演し、常にメディアに登場し続けてきた。SNS時代の今は、ファッションアイコンやインフルエンサー的な存在ともなっている。

「今日もそうですが、被写体側になることも多いですし、そこから得ることも少なくないです。でも、だからこそ、しっかりヘアメイクという仕事のベースを大事にしているんです。謙虚に1回1回の仕事に臨むように心掛けています」

Seiko 5 Sportsは、今日のトレンドに則したデザインを提案している一方で、機械式ムーブメントに象徴される腕時計のトラディションもしっかりと受け継いでいる。

新しい表現をクリエイトするアーティストであると同時に、技術を疎かには出来ない職人としての面も、また接客業としての側面も持つヘアメイクである奈良裕也。

彼がSeiko 5 Sportsに惹かれた理由は、そこに相通じるモノを感じたからかもしれない。

SBSA063 34,000円(SEIKO WATCH Customer Service
Street Styleと呼ばれるシリーズの2020年新作で、まさにラグジュアリーストリートなモデル。ケース周りのべゼルに施された凹凸が、光沢感の強い文字盤の質感と相まって高級感を演出する。

SBSA025 34,000円(SEIKO WATCH Customer Service
ナイロンのNATO型ベルトを備えオールブラックに仕立てられたこのモデルは、昨年のリリース時には即完売した同ブランドでも屈指の人気モデル。Street Styleのシリーズにラインナップされている、今日的なストリートカジュアルに最適な1本だ。

SBSA045 28,000円(SEIKO WATCH Customer Service
横幅40mm、厚さ11.5mmと、既存モデルよりひと回りケースサイズを小型化したSports Styleシリーズのニューモデル。逆回転防止べゼルを廃してスムースベゼルを採用したことで、ケース仕上げの質感の高さがいっそう際立っている。

【商品のお問い合わせ先】
SEIKO WATCH Customer Service
TEL:0120-061-012

公式サイト
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/5sports
公式Instagram
https://www.instagram.com/seiko5sportsofficial/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。