『Pendleton® by NIKEiD』 – 話題の期間限定カスタムにあの人が挑戦!

by Mastered編集部

3 / 3
ページ

先だってEYESCREAM.JPでもニュースとしてお伝えした[PENDLETON(ペンドルトン)]と[NIKE(ナイキ)]による期間限定のカスタマイゼーション『Pendleton® by NIKEiD』。アメリカ・オレゴン州を代表する両ブランドによる新たな試みは早くも大きな話題を呼んでいるが、今回EYESCREAM.JPではその可能性と真価を確かめるべく、クリエイターたちに『Pendleton® by NIKEiD』を使用したスニーカーの製作を依頼。

実際に『Pendleton® by NIKEiD』を使用して、クリエイターに自分だけの1足を作ってもらう過程を通し、類まれなるNIKEiDの魅力を紐解いていく。栄えある第1回に登場してもらうのは、数々の名作ドラマ、映画に出演し、男女問わず幅広い層から支持を受けている俳優、岡田義徳だ。

Photo:Takuya Murata
Text&Edit:Keita Miki

岡田義徳 編

22

— 岡田さんはこれまでにも何度かNIKEiDでスニーカーを製作したことがあると伺いましたが、今回作ってもらったスニーカーのポイントは?

岡田:一番意識したのは「30代でも履けるスニーカー」ってことですかね。今日、カスタムのベースに選ばせてもらった『ナイキ SB ジャノスキー』の他に、『ナイキ ローシ ラン』の方もブラウザ上でカスタムしてみたんですが、僕、緑が大好きで、『ナイキ ローシ ラン』の方は思わず緑推しの派手なカラーにしてしまったので………(笑)。30代の男子が履くということを考えると、これくらいの落ち着いた色味の方が良いのかなと思って、この『ナイキ SB ジャノスキー』を選びました。

11

— ご自身でも[NIKE]のスニーカーをたくさん持っていらっしゃると思いますが、岡田さんが初めて[NIKE]の靴を購入したのはいつ頃のことですか?

岡田:中学生ぐらいの時ですね。いわゆる「ジョーダンブーム」の時に憧れて、『エア ジョーダン 6』の黒をお金を貯めて買ったのが最初。高かったですよね~、あの時の『エア ジョーダン 6』は。僕は岐阜県出身なんですけど、田舎なので、当時はなかなか[NIKE]を履いている人なんていなくて。世界中で知られているメジャーブランドなんですが、岐阜の中では、かなり抜けている子たちが履いている、ある意味尖ったブランドでした(笑)。

— となると[NIKE]のスニーカーもかなり色々と履いてきたと思いますが、その中であえて印象的な1足を挙げるとすれば?

岡田:自分でNIKEiDを使って作った赤の『ナイキ コルテッツ』。全てのパーツを真っ赤に統一していて、手前味噌なんですけど、めちゃくちゃ格好良いんですよ。舞台の稽古のトレーニングシューズを作ったりとか、たびたびNIKEiDは使わせてもらっているんですが、あのコルテッツはとても印象深いです。

33

— 今回作ってもらった『ナイキ SB ジャノスキー』はどんな時に履くことを想定していますか?

岡田:逆に「いつでも履ける」ってことを意識して作りました。これなら、格好がキレイ目でもストリートでもいけるかなって。あとはオールドスクール感のあるガムソールもポイントですね。最近またスケートをやり始めたんですけど、とにかく面白くて。スケートをしたり、自転車に乗る時のことも考えて一部をレザーにしたりもしました。

— [NIKE]のシューズ、[NIKE]というブランドの魅力はどんな部分だと思いますか?

岡田:一言で言うなら「変わるけど、変わらないところ」じゃないですかね。常に新しいことにチャレンジしているし、新しいものも次々に発表されるんだけど、その裏にはずっと一貫している部分もあって。その部分には絶対的な安心感があるし、それこそが[NIKE]の大きな魅力の1つなんだと思います。

岡田義徳 出演情報

NTV「平成舞祭組男」 毎週土曜24:50~ O.A  レギュラー出演中
TX「一狩りいこうぜ4G」 毎週月曜25:00~ O.A レギュラーMC

http://artist.amuse.co.jp/artist/okada_yoshinori/

Pendleton® by NIKEiD

pd

■NIKEiDとは………
オンライン上でカラーや素材を、250種類以上のNIKE商品から選んでカスタマイズでき、約3~6週間で完成。NIKEショップでプロに相談しながら作ることも可能。

クリスマスプレゼントとして11月中にオーダーすれば12月24日までにお届けするキャンペーンもスタート!

【お問い合わせ先】
NIKE CUSTOMER SERVICE
TEL:0120-6453-77
NIKE.COM/NIKEiD

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。