[new balance]による話題の新作『247 Classic』をコーディネートしてみた。

by Mastered編集部

2 / 3
ページ
2 / 3
ページ

STYLE 01

New Balanceの247 Classic 8,800円

new balanceの247 Classic 8,800円(New Balance Japan TEL:0120-85-0997)、BALのジャケット 24,000円(BAL TEL:03-6452-3913)、URUのモックネックカットソー 16,000円(STUDIO FABWORK TEL:03-6438-9575)、ETHOSのパンツ 25,000円(4K TEL:03-5464-9321)、NATIVE SONS for Continuerの眼鏡 36,000円(TEL:03-3792-8978)


『247 Classic』の基礎を学んだところで、ここからは応用編。編集部が考える「僕らはこんな風に『247 Classic』を履きたい」というアイディアを、カラーごとにスタイルサンプルとして提案していく。

最初は春になると街中で見かける機会が格段に多くなるホワイトから。”白スニーカー”というと、ついついキレイにまとめてしまいがちだけど、僕らにとって白は「不良の色」。ピンク、アイスブルーという淡いカラーコーディネートに、細いフレームの眼鏡を合わせることで、清潔感のある不良スタイルを目指した。

095A0581

095A0586

STYLE 02

New Balanceの247 Classic 8,800円

new balanceの247 Classic 8,800円(New Balance Japan TEL:0120-85-0997)、ALEXANDER WANGのジャケット(編集私物)、NEON SIGNのベースボールニット 20,000円(NEON SIGN TEL:03-6447-0709)、NuGgETSのペインターパンツ 21,000円(NuGgETS TEL:03-6416-1759)、その他スタイリスト私物


僕らにとって最もスタンダードな色といっても過言ではないブラックは、旬なストリートスタイルで。ビッグシルエットのアウターに、黒のルーズペインターパンツを合わせて、ニットはタックイン。『247 Classic』のシャープで美しいシルエットが際立つよう、バランス良くルーズになりすぎないコーディネートを心掛けたい。

095A0498

095A0522

次のページに続きます。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。