5人のクリエイターが選ぶ、New Era®︎の Negro Leaguesキャップ

by Nobuyuki Shigetake

メジャーリーグ・ベースボール(MLB)をはじめ、NFLやNBAのオフィシャルサプライヤーも務めているNew Era®(ニューエラ)から、ニグロリーグのオフィシャルキャップが登場。ニグロリーグとは、1920年代から1960年代まで存在していたアフリカ系アメリカ人によるベースボールリーグの総称。ニューエラが日本でニグロリーグのオフィシャルキャップを展開するのは今季が初となっている。各球団の当時のチームカラーを踏襲した15型の『59FIFTY®』を筆頭に、ブラックやネイビーベースにカラーカスタムされた様々なシルエットのキャップが、全40種ラインナップ。
5人のクリエイターたちによる自由なスタイルサンプルを参考にしつつ、豊富なラインナップの中からお気に入りを見つけてみよう。

Photo:Kazuki Miyamae | Text&Edit:Nobuyuki Shigetake

1 / 5
ページ

SNAP STYLE 01. Pecori(踊Foot Works)

59FIFTY®︎
Philadelphia Stars

59FIFTY®︎ 5,500円 + 税

2020年型のグルーヴとポップネスをリプレゼントする4人組ヒップホップバンド、踊Foot Works(オドフットワークス)より、ラッパーのPecoriさんが登場。普段から「ほぼ100%」キャップを被るという彼は、59FIFTY®のチームカラーモデルより、レッドカラーのロゴが特徴的な2型をチョイス。

—今回被ったキャップを選んだ理由を教えてください。

Pecori:被っててテンションが上がりそうなやつをチョイスしました。基本恥ずかしがりなので、顔を隠すって意味でキャップは必需品なんですけど、このニグロリーグキャップは、そのモノ自体にチカラがある感じがして好みですね。あとはPecoriの『P』のロゴがあったので、「お!これじゃん!」って(笑)。

59FIFTY®︎
Louisville Black Caps

59FIFTY®︎ 5,500円 + 税

—ニューエラのキャップをファッションに取り入れる際、意識していることは?

Pecori:僕らが中高生の頃に初めてファッションに興味を持ったとき、「キャップ被りたい、だったらニューエラっしょ」ってなったくらいなので、キャップの王様ってイメージがあります。なのでスタイリングも、自然と胸を張れるようなモノをチョイスしちゃいますね。