準備は万全? 夏フェスファッション特集:夏フェス必携アイテムリスト 2017

by Marina Haga

当サイトが毎年、音楽とファッションを愛する人々に向け、独自にお送りしている『夏フェスファッション特集』も今年で6年目。『夏フェス必携アイテムリスト 2017』と題した本年は、機能重視で9つのアイテムをピックアップ。
フェス参戦を重ねていくうちに頻発する「こんな時は何を選べばいいの!?」という素朴な疑問をQ&A式で解決していきます。今年の夏フェスは、昨年よりももっと快適に! フェスマスターを目指して大奮闘。
※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Shuhei Nomachi、Text&Edit:Marina Haga

1 / 10
ページ

Q1. 日中の移動で、ジャケットがかさばる……

A. パッカブルのシェルジャケットが便利

悪天候がつきもののフェスにおいて、レインコートにも防寒にもなるシェルジャケットは欠かせないアイテムのひとつ。ステージ間の距離が遠いフェス会場を、可能な限り身軽な装いで動き倒したいという人におすすめなのがパッカブルのシェルジャケット。小さくたたんでバッグに入れれば、日中の移動も足取りが軽くなるはず!

OUTDOOR RESEARCHの『ヘリウムⅡジャケット』 22,000円(BAMBOOSHOOTS TEL:03-5720-1677)
暴風雨から身を守るために作られた、完全防水で通気性に優れたコンパクトシェル。最大の特徴はわずか5.156グラムの重量で、その軽さは身に着けていることを忘れてしまうほど。

patagoniaの『トレントシェル』 16,000円(BEAMS HARAJUKU TEL:03-3470-3947)
雪や凍雨、氷晶雨や熱帯の嵐も防いでくれる2.5層構造の防水性と透湿性を備えたシェルなら、山フェスの環境だってなんのその。本体はカラビナ用ループが付いたハンドウォーマーポケットに収納可能で、機能だけじゃない利便性の高い一着だ。

KLATTERMUSENの『Fjorgyn Anorak』 53,000円(BARRIO TEL:075-354-6604)
KLATTERMUSENの象徴的なアシンメトリーデザインをあしらった、薄くて軽い、そして防水性も備えたアノラックパーカー。裏地はシルクのような風合いのカーボンプリントで、肌触りも心地よい。腹部ポケットに収納できるパッカブルデザイン。

THE NORTH FACEの『Explorduon Jacket』 36,000円 + 税(THE NORTH FACE HARAJUKU TEL:03-5466-9278)
冬期登山にも耐えうるスペックを持ちながら、日常生活の中でも使えるデザインが◎。素材はゴアテックスパフォーマンスシェルの2層構造で、防水透湿性にも優れたハイクオリティーなアイテム。小さく畳み付属の袋に入れて携帯しよう。