今着たい20着を厳選。新春特集『ミドルレイヤー MANIACS』

by Nobuyuki Shigetake

2 / 5
ページ

フリース

ウィンターシーンの登山の際にも頻繁に採用される、安全・安心の保温性。そして東京に於いては、秋から初冬にはアウターとして、真冬にはミドルレイヤーとして、と幅広いシーンでの着用が可能な高い汎用性を持つ、インナーダウンと並ぶミドルレイヤー界の二大巨塔のひとつ。

MINOTAUR INST.(ミノトール)の『SOLAR HEAT BLOUSON』

59,000円 + 税

チラリと覗くナイロンの裏地が着こなしにストレンジなエッセンスを加える、MINOTAUR INST.の1着。表面には太陽光発熱と遠赤外線放射効果のある、蓄熱保温素材の高機能ボアを採用。また、半透明のナイロン生地は、リップストップ仕様となっているので、耐久性に優れ、格子の間隔を細かくすることで高いデザイン性も維持している。

着膨れ度:■■■□□
ボアの毛足は短く、ボリュームは抑えめ。

保温度:■■■■□
蓄熱保温ボアによる太陽光発熱と遠赤外線放射効果で、薄くても暖かい。

着まわし度:■■■■□
ボタンシャツ、クルーネックのスウェットなど、幅広いアイテムとマッチする便利なカーディガンタイプ。

【お問い合わせ先】
MINOTAUR TOKYO
TEL:03-6455-1466
https://www.minotaur.co.jp/

シースルーナイロンの内側のボア素材にブランドネームや機能プリントを施し、機能性とデザイン性を両立。

NICENESS(ナイスネス)の『DEWEY』

69,000円 + 税

一見するとクラシカルなスナップボタンのプルオーバーフリースだが、こういったベーシックなアイテムを上手に料理するのがNICENESSというブランドの凄み。ファブリックには、ワイルドシルクと呼ばれる、稀少な糸を両面起毛させたシルクボア生地を使用。素材の良さを最大限に活かすことを考えた結果辿り着いたという衿腰高めのデザインは、現代的なスタイリングによく馴染む。

着膨れ度:■■■■□
しなやかなシルクボアはボリューミーだが、嵩張る感じはしない。

保温度:■■■■□
繊維内に多量の空気を含んでいるため、保温性、保湿性に優れている。

着まわし度:■■■■□
アウトドア〜モードまでカバーする高い汎用性。

【お問い合わせ先】
ELIGHT Inc.
TEL:03-6712-7034
http://www.niceness.jp/

裏地のパイピングのラベンダーカラーもポイントに。

ARC’TERYX(アークテリクス)の『COVERT CARDIGAN』

22,000円(税込)

透湿性と速乾性に優れる”Alpenex II™ヘザーフリース”を使用したARC’TERYXの『COVERT CARDIGAN』は、ともすればほっこりとしがちなフリースらしからぬ、端正なルックス。トレイルやアウトドアのウェアに用いられるテクニカルな機能性と、タウンユースに要求されるスマートさを両立した、なんともARC’TERYXらしい1着だ。

着膨れ度:■■□□□
もたつきのないすっきりとしたシルエット。

保温度:■■■■□
裏地にフリース素材を使用しているため、保温性が高く、着心地もいい。左右のポケットの裏地にはメッシュ素材を使用しているため、解放していればベンチレーションの代わりにもなる。

着まわし度:■■■■□
ハイゲージなウールセーターのような素材感で、様々なスタイリングにマッチする。

【お問い合わせ先】
ARC’TERYX Call Center / Amer Sports Japan
TEL:03-6631-0833
https://arcteryx.com/jp/jp

表地を見るとハイゲージのセーターのようだが、裏地はフリース。

同ブランドのシグネチャーとも言える圧着ジップ箇所には、ブランド名の由来でもある始祖鳥の骨格標本の刺繍をオン。

MOUNTAIN EQUIPMENT(マウンテンイクイップメント)の『パイルフリースセーター』

16,280円(税込)

見た目にも暖かなMOUNTAIN EQUIPMENTのフリースセーター。素材には、保温性が高く抜群に軽い”POLARTEC®︎ THERMAL PRO”を使用。また、透湿性にも優れているため、体温を一定に保ち、雨や雪で濡れた場合にも素早く乾燥する。ってことはもちろん洗濯も楽ちんだし、しかも毛玉になりにくい。デイリーに着られる安定感を持った、イギリス発の老舗アウトドアブランドらしい1着だ。

着膨れ度:■■■■□
ボリュームはあるが、軽くて嵩張らない。

保温度:■■■□□
高い保温性を持つ、POLARTEC®︎をファブリックに使用。

着まわし度:■■■■□
セーターやスウェット感覚で着用が可能。

【お問い合わせ先】
双進
TEL:03-3258-6211
https://www.mountain-equipment.jp

内部で繋がっているカンガルーポケットは裏地がメッシュになっているので、手を温めながらも蒸れずに快適。