INDEPENDENTで表現する、自分らしさ

by Sachiko Toda

おそろいのスタイリング、同じような時計、同じような靴、同じようなバックパックがあふれるストリート。ニュースでは、“かぶり男子”なんていう言葉が囁かれているらしいけれど、そんな無難なオトコでいるのはつまらない。

「意思ある自由を」というコンセプトを掲げているウォッチブランド、INDEPENDENT(インディペンデント)は、もっと自由に、自分らしさをわがままに解放したい僕らにぴったりのリストウェア。なかでも、6月発売の新商品は、フォーマルからカジュアルまで、 幅広いシーンで遊べるクールでアクティヴな高機能ファッションウオッチだ。本特集では、そんなINDEPENDENTのアイテムを使ったスタイルサンプルを、注目のモデル、神庭昇平の着こなしとともに提案していく。新しい自分に一歩踏み出すような、爽やかな気分をまとって。

※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Yuzo Toge、Styling:Hisataka Takezaki、Hair&Make-up:Katsuyoshi Kojima(Tron)、Model:Shohei Kamba(BARK in STYLe)、Edit:Sachiko Toda

1 / 3
ページ

腕時計 KL8-643-50 25,000円(INDEPENDENT)、E.TAUTZのシャツ 34,000円、CAMOのパンツ 27,000円(ともにLANTIKI CENTRAAAAAL TEL:03-5766-8415)、IN/FLAXのベルト 10,000円、METAPHORE×ALOIS WAGNERのピンキーリング 22,800円(ともにold knowledge TEL:03-5489-0660)、BOSTON CLUBのサングラス 34,000円(GLOSS GINZA TEL:03-5579-9890)、その他スタイリスト私物

ブルーonブルーのコーディネートは、オーバーサイズめなシャツと、パンツのサルエルシルエットで個性をプラス。INDEPENDENTの新作ウオッチなら、ピンキーリングや薄くブルーに透けたサングラスなどの小物たちとも相性抜群。個性的なメタルリングを配したクールな文字板は、爽やかなシャツスタイルにもぴったりだ。淡いカラーリングのスタイルに、グレーがぴりっとしたアクセントに。

次のページに続きます。