『Hanes Japan Fit®︎』が浮き彫りにする無二の個性

by Nobuyuki Shigetake

”日本人の心地良さのために”をコンセプトに掲げるHanes(ヘインズ)の象徴であるパックTシャツ『Hanes Japan Fit®︎』。
インナーとしてはもちろん、アウターとしても1枚で着られるというHanesが生んだ文化を継承し着丈、袖丈、身幅を日本人に合わせることで実現した絶妙なフィット感は、性別や年齢の垣根を超え、多くの人の日常に溶け込む1着であり、普遍的なライフスタイルウェアとして不動の地位を確立している。
本特集ではそんな『Hanes Japan Fit®︎』を、モデルの在原みゆ紀とyonawoの荒谷翔大に着用してもらい、インタビューを敢行。究極のニュートラルとも言える”白T”を身に纏うことでより一層浮き彫りになる無二の個性を、ファッションシューティング、インタビューの双方から読み解いていく。

Photo:Kenichi Muramatsu | Styling:Kazuyuki Tamura | Hair&Make:Ayumi Naito | Modei:Miyuki Arihara、Shota Aratani(yonawo) | Interview&Text&Edit:Nobuyuki Shigetake

在原みゆ紀(モデル)

— 今日着ていただいた『Hanes Japan Fit for HER』はいかがでしたか?

在原:毎シーズン欠かさずに買い足している、自分にとってのスタンダードなアイテムなのですが、こうやって改めて向かい合うと、やっぱり気持ちいいなって思いました。動きやすい縫製だし、生地の質感、オンスもちょうどいい。インナーとしてでも、1枚でも着られるのがやっぱり魅力的ですよね。

— Tシャツを選ぶときの基準は?

在原:オンスとシルエットを基準にしています。寸胴型の身幅広め、着丈短め、もちろんコットン100%のタイプも好きですね。

— 普段から白Tはよく着られるんですね。

在原:よく着ますよ。ただ、無地のTシャツはまだわたし自身が若いからか、似合っているのかよく分かっていないです(笑)。

— 在原さんにとって、白Tを着こなすには何が必要だと思いますか?

在原:白って顔映えが良いから、精神的に安定している、生活リズムが整っていることがまず第一かなって。同じ白Tだとしても着る人によって全然違うものに見えるし、良い意味でも悪い意味でも、その人の生き様や生活が浮き彫りになる。芯を持って、ヘルシーに生活することが、白Tを着こなす上で一番大切なことだと思います。

— 究極なニュートラルである白Tはモデルというお仕事をされている在原さんにとって、どういう意味があるアイテムですか?

在原:夏になるとやっぱり朝起きて1番に、まず白Tを着たくなります。シンプルな1枚だからこそ、その人の個性が滲み出ると思うので、そういった意味で白Tは、他には無い特別なアイテムだと思います。特に『Hanes Japan Fit for HER』は”かっこいい1枚”というよりは生活に寄り添ったアイテムだと思うので、こういうのを着こなせるのが理想ですね。

— 普段のファッションの好みを聞かせてください。

在原:少しメンズライクなヴィンテージのアイテムが好きです。とはいえ、全身で揃えるわけではなく、どこかしらに少し女性らしさを取り入れるように心がけています。たとえば、ヴィンテージのスウェットシャツの下にはおろしたてのパリッとした白Tシャツを着て、首元や裾から少し見せて清潔感を出したり、アクセサリーやアイウェアなどの小物を少し女性的なものにしてみたり。

— どういったものからインスピレーションを得ることが多いですか?

在原:とにかく音楽が好きで、ジャンル問わず、いろんなものを聴きますし、レコードも集めていて、ショップで気に入ったものがあればジャケ買いをしたりもするんですけど、なんとなく「こういう系かな?」と予想していたのが帰って聴いてみたら全然違うジャンルだったりもして(笑)。でも、それが楽しい。普段触れていないジャンルを掘り下げていくとそっちのジャンルも面白いってことに気が付くことも多々あります。

— 結構、ディグり癖があるんですね。

在原:すごくあります(笑)。ここ数年はカセットも好きなんですよ。個人的なこだわりでヒップホップはカセットで聴いているんですけど、1980年代〜90年代のヒップホップと、カセットのローファイなサウンドの相性がとても好みです。ヒップホップを聴いた翌日は、少しルーズなメンズライクな服装をしたくなるし、その日に聴く音楽を選ぶように、生活のリズムや自分のモードもチューニングしたいですね。

『Hanes Japan Fit for HER』

2,970円(税込) / 2枚組

”日本人の心地良さのために”をコンセプトとし、絶妙のフィット感を追求する『Hanes Japan Fit®︎』のレディースライン。今の時代のニーズにマッチした絶妙な厚さ、透けにくい5.3ozの生地はそのままに、緩やかに作られた首回りや、コンパクトに仕上げた袖丈など細部にまでこだわる事で、女性らしいシルエットを実現。2色入りのアソートやVネック、スリーブレス、ロングスリーブのモデルもラインナップされている。

荒谷翔大(yonawo ヴォーカル)

— 今日着ていただいた『Hanes Japan Fit®︎』はいかがでしたか?

荒谷:気負わずにサラッと着られましたね。yonawoとしてではなく、1人での撮影が初めてだったので少し緊張していたのですが、いざ『Hanes Japan Fit®︎』を着て撮影に臨むと、すごく自分が自然体でいられていることに気が付いて。良い意味で”着てる感覚がない”というか、すごく無意識な、普段通りの自分でいられました。

— 普段から白Tは着ますか?

荒谷:半袖の白Tって着るのに少し勇気が必要で、これまであまり手を出してこなかったんですよ。でも、今日着てみて「あ、勝手に気負ってただけだったんだな」って思いました(笑)。これからは自信を持って、たくさん着ていきたいですね。

— 荒谷さんが思う白Tの魅力について聞かせてください。

荒谷:白Tを着ている人って、ぼくの中ではすごく好感度が高くて。なんとなく「いいやつそうだな」みたいな(笑)。先ほどの話じゃないですけど、着ているだけで自分に自信を持っていながらも嫌味っぽくない、さらっとしたかっこいい人に見えるし、実際そういう人によく似合うアイテムだと思います。

— 荒谷さんにとって一番自然体でいられる瞬間は?

荒谷:歌を唄っているときが一番何も考えていない瞬間かもしれません。同じくらい曲を書く時間も好きで、書いているときは当然意識的な作業をしてるんですけど、意識的に無意識を引き出せる作業でもあるから、普段は忙しさやいろんなノイズによって見えなくなっている本当の自分を取り戻して、向き合っている感覚になれるんです。それは歌も同じで、意識的に唄う中で、無意識に触れられる瞬間があって、今はそれがひとえに楽しいです。

— 表現活動において、どういったものからインスピレーションを得ることが多いですか?

荒谷:結構、一見するとどうでもいいようなことから気付きを得る機会が多くて、たとえば電車の窓から見える景色や、車内の人々。友人やメンバーらとの会話の中でも「面白いな」と感じることがあればすぐにメモを取るようにしています。ボーッとしていたら見過ごしてしまいそうな、生活の中の細やかな部分に意識的に向き合うことが好きだし、yonawoの音楽を制作する上では必要不可欠ですね。

『Hanes Japan Fit®︎』

2,970円(税込) / 2枚組

”日本人の心地よさのために”をコンセプトにしたHanesを象徴するパックTシャツ。今の時代のニーズにマッチした絶妙な厚さ、日本人の体型に合わせたシルエット、透けにくい5.3ozの生地で、老若男女問わず愛される、白T界の新定番モデル。スケートスタイルからドレススタイルまでマッチする高い汎用性は、アクティブに活動するユース世代にもぴったりだ。

【商品のお問い合わせ先】
Hanesbrands Japan Customer Center
TEL:0120-456-042
https://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/r/r101010/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。