[G-SHOCK]の定番『DW-5600』の新作をコーディネートしてみた。

by Mastered編集部

1990年代のユースカルチャーに一役も二役も買ったといえる[G-SHOCK(ジーショック)]。 誕生当時の「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というセンセーショナルなキャッチフレーズの通り、どんな衝動にも耐えられる堅牢性が魅力で、時計であると同時に自分がどのようなスタイルを持っているかを表現する、ツールとしての役割も持っていた。

ファッションや音楽など90年代カルチャーがメインストリームで盛り上がりを見せる今、[G-SHOCK]の最もスタンダードな『DW-5600』シリーズをベースにしたニューモデル『DW-5600CU/LCU』にフォーカス。本特集では、フレッシュさを強めた『DW-5600CU/LCU』を使ってスタイルサンプルを提案する。背後に見え隠れするブランドカルチャーの奥行きを感じながら見ていくとしよう。

※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Shuhei Nomachi、Styling:Hisataka Takezaki、Model:Tomofumi Nishimura、Text&Edit:Marina Haga

1 / 4
ページ
1 / 4
ページ

DW-5600LCU-1JF 13,000円

DW-5600LCU-1JF 13,000円


街中ですれ違った人の手元をおもむろに見たとき、奇しくもその手首に[G-SHOCK]の『DW-5600』シリーズが装着されていたら、90年代に青春を謳歌していたであろうナイスミドルたちは思わずニヤリとするだろう。何故なら、当時それを持っていることが最高にクールで彼らのアティチュードを表すギアでもあったから……。映画『スピード』ではキアヌ・リーブスの手首に巻かれていたし、カニエ・ウエストの「ストレンジャー」のPVで登場した白いモデルがすごく眩しく見えたんだ。スタイルのある誰かが身に付けていたそれは、纏うだけで少し自信を貰えるものだった。そんな、僕たちの左手の相棒。

095A2874

DW-5600CU-7JF 12,000円

DW-5600CU-7JF 12,000円

DW-5600CU-9JF 12,000円

DW-5600CU-9JF 12,000円

タフネスとファッション性を備えたモデル

初代[G-SHOCK]のDNAを色濃く継承するスクエアフォルムの『DW-5600』をベースモデルに採用したシンプルなデザイン。全身をマットで仕上げ落ち着きとクリーンな雰囲気を備えた、スタイリッシュな佇まいが魅力だ。

次のページに続きます。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。