Champion C ロゴの似合う店 – No.4 SAIRAM、Losango、草花屋 苔丸 –

by Marina Haga

週末の朝、ひとりでビーチを散歩するのが好きだ。彼は誰時に起きれば、日の出を拝むこともできる。サーフィンで波を待つ人、愛犬と歩く人、それぞれが自分だけの時間を愉しむ朝に、昨日まで悶々としていた仕事の問題がふと解決してしまうことがある。
「なんでこれが思いつかなかったのだろう?」と不思議に思うが、結局のところこういう時間が足りてなかったということにしている。ランチタイムには、東京から仕事仲間がやってくる。

Photo:Shinji Yagi、Styling:Tadashi Mochizuki(SUN'S&RAINBOW)、Hair&Make-up:Aki Kudo、Model:Yuya、Mutsue Koubara、Aiko、Text:Ryo Imamura

1 / 5
ページ

ボリュームの多いビーガンレストラン
『SAIRAM』

『サイラム鎌倉店』は、江ノ島電鉄長谷駅から徒歩3分ほどの海沿いにある。築70年の古民家でありながら、赤いテントが張り出したテラスは20名以上が座ることができ、海を見渡せる最高の立地と風情は、京都鴨川名物の川床にも似ている。

この店はすべてが“ビーガニズム”で形成されている。オーナーの由紀子氏は、工務店を営む設計デザイナー。提供する食事のメニューはもちろんのこと、内装に関してもケミカルなものを一切使用せずに完成させた。そのせいか、入口をくぐった瞬間から田舎の実家や友人の家のような温もりを感じることができる。

「うちでは酵素玄米を出しているんです。体内での酵素の働きが阻害されないので、ダイエット効果や肌が綺麗になると言われています。継続的に摂ればお腹の調子がよくなるのがわかります。それに、白米より甘くて食感も良く、消化にいいんですよ」

自慢の子どもでも紹介しているかのようなにこやかな表情のオーナーを見ていると、難しいことはともかく体にも心にもよさそうな感じが伝わってくる。

「ビーガンって全然食べた気にならない食事だと思ってたんだけどなあ」と言いながら、東京から来た仕事仲間と『生命のめぐみランチセット』に舌鼓をうつ。普通に肉が大好きという女性陣も「植物性ハンバーグも豆っていう感じじゃなく食感もしっかりしていて美味しい」と太鼓判を押す。

潮風が通り抜ける古民家でのランチをしながらだと、平日都心ではできない話や浮かんでこないアイデアが出たりする。お腹は満腹に、頭はすっきりとさせてくれる『サイラム』は、ランチミーティングにもってこいの場所だといえる。