Champion C ロゴの似合う店 – No.3 Double DoorsとALEC –

by Marina Haga

東京で忙しなく暮らす人たちが、週末になると“南下”して向かう場所、鎌倉・湘南エリア。すべてが満たされるはずの都心になくここにあるもの。延びるビーチ、爽やかな風、居心地のいい人とのつながり。この週末もまた、鎌倉エリアで知り合った気の合う三人組が海沿いのドライブへ出かけた。

Photo:Shinji Yagi、Styling:Tadashi Mochizuki(SUN'S&RAINBOW)、Hair&Make-up:Aki Kudo、Model:Dona、Go、Tomas、Text:Ryo Imamura

1 / 3
ページ

海と太陽に愛されたレストランバー
『ダブルドアーズ』


晴れた週末、このお店の賑わい方は鎌倉エリアの“現在地”を表している。

開店と同時に入ってくるのは愛犬を従えた地元住民や、海からあがりさっぱりとした表情のサーファー、東京をはじめ遠方からやってくるグループなど。多種多様な人たちでいっぱいになる。カリフォルニアのハンティントンビーチにいるかのような気分にさせてくれるレストランバー『ダブルドアーズ 七里ガ浜』に待たずに入ろうと思うなら、週末の昼時は避けた方がいいかもしれない。

三人が訪れたのは、晴れた日のオープン時間直後の11時。早めであればわりと好きな席を選ぶことができるが、日差しがある日なら少々風が冷たい季節でもテラス席がおすすめ。

目の前には広い海。座り心地のいいソファに仲間と肩を並べて名物のハンバーグや季節の食材をつかったピザにありつける。西洋わさびがのったアボカドハンバーグ(ソースはジンジャーと和風おろしから選べる)は、一度食べると必ずまた食べたくなってしまうほど。近所に住めばもちろん、波乗りでエネルギーを使ったあとならなおのこと。


「オシャレなカフェとかそういうレベルの味を超えちゃっているうえに気持ちがいいから週末起きると脳が勝手に“行きたい”ってなる」

「美味しくて見た目もキレイっていうところはだいたい量が少なかったりするけど、ここはボリュームあるから、気持ちもお腹も“満たされ感”が半端ない」

気楽に会話を楽しめ、美味を堪能できる。三人が常連となっているのは、休日を充実させてくれる満足感があるからだそう。

1998年に藤沢で最初のお店をオープンした『ダブルドアーズ』はアットホームな雰囲気をつくり、愛犬を散歩する人がそのまま立ち寄れるようにした。すると、その空間と一度食べたら忘れられない味を求める人で店内はいっぱいになった。

2008年には七里ガ浜店ができこの冬で10年目を迎えるが、太陽が降り注ぐ人気店に陰りはない。