Going in Style. ATMOS LAB × Columbiaで作る自由なスタイル

by Marina Haga

さまざまなカルチャーが交錯し、とにかく自由で何でもありな東京のストリート。
本特集ではそんなストリートのシーンで、近ごろ存在感を強めているATMOS LAB(アトモス・ラボ)をフックアップ。今シーズンの新作のなかから、Columbia(コロンビア)との共作によるジャケットにフォーカスし、ブランド所縁の2組にジャケットを使ったスタイルを表現してもらった。
独創的なパターンや最先端の素材のジャケットで装う、生活に寄り添うドレスアップスタイルとは何か。独自の要素をミックスさせた、彼らが提案するハイブリットな装いはいかにも東京らしくて面白い。

※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Yuto Otani、Model:BEARARMZ、Yuki Mihara、Text&Edit:Marina Haga

1 / 2
ページ

BEARARMZの場合

BEARARMZ / U-DAI、TAM、YUYA、SEIYA、KENTAROW、FIFTYの6人で構成された東京を代表するダンス集団。ダンス、ファッション、音楽、カルチャーを独自のヒップホップ的解釈と融合させたスタイルで雑誌、TVなどで活躍中。

— 本日のコーディネートのポイントは?

ジャケットがシックなので、遊び心のある小物やリフレクターが施されたスニーカーで蛍光色を全体に取り入てフレッシュな雰囲気にしたのがポイントです。華やかでにぎやかなムードを出して、全体にモブ感が出るように意識しました。

— 着てみた印象はどうですか?

暖かくて軽く、機能的でかっこいい。襟元に入れられたロゴや星柄など、さり気なく遊び心がちりばめられているところにグッときました。

— どんなシーンで着用したいですか。

機能的なので、日常生活でガシガシ着たいです。脱ぎ着ができるパッカブルという点も、都市生活を送る僕らには便利で嬉しいですね。

ウッドランドカモにジオメトリック風に星柄をミックスさせた、ATMOS LABのオリジナルパターン。

Columbia x ATMOS LAB DECRUZ SUMMIT JACKET 22,000円 
表地には、雨と汚れを弾くプロテクション機能が搭載され、速乾性を備えた素材を使用。また裏地には、身体の熱を反射しながら保温性を持続する『OMNI-HEAT』を採用し機能を追求したスペシャルな1枚に仕上げられている。