10 Of The C: Vol.13 伊藤壮一郎(soe デザイナー)

by Mastered編集部

巷を騒がすクリエイターたちの持ち物って、どんなもの? Mastered編集部が今気になるクリエイターに、愛用の私物の中から、これぞ!と思う10個のモノを厳選してご紹介していただくコーナー「10 Of The C」。第13回目となる今回は、2001年のブランドスタート以来、スマートで都会的なリアルクローズを発信し続けている人気ブランド[ソーイ(soe)]のデザイナーである伊藤壮一郎氏にご登場頂きます。
意外にもMasteredでの単独特集企画には初登場となる同氏が紹介してくれるお気に入りの私物は、ブランドの幅の広さをそのまま示すようなジャンルレスな品々。それでは早速ですが、楽しんでご覧くださいませ。

PHOTO:SATORU KOYAMA (ECOS)

#1. 犬グッズ

コメント
「昔飼っていた影響もあると思うんですが、僕は犬が動物の中でも特別好きなんです。それで、こういった犬グッズも海外に行くたびに無意識的に集めていて。なんか分からないけど安心するんですよね。基本的には耳が垂れ下がっている犬が好きで、家にはこういった小さいものから大きいものまで、もっとたくさんの犬グッズがあります。」

#2.猫の置物

コメント
「これは母親から譲り受けたものなんですが、僕にとってはお守りのようなものですね。犬とは違って、決して猫グッズを集めている訳ではありません(笑)。
もの心ついたときから自分の身の回りにあったもので、一度落として割れちゃったんだけど、何だか捨てられなくて。つなぎ合わせて今でも使っている大事なお守りです。」

#3. 猿グッズ

コメント
「前の2つにも繋がることなんだけど、この3つは全部手作業で出来ているものなんですよね。明確な理由は分からないけど、自分はそういうものにどこか惹かれるんじゃないかなと。手前のは指猿といって手先が器用になるお守りのようなもの。後ろのは海外の観光地土産なんだけど、なんか可愛い(笑)。
もちろん犬のように飼っていたわけでは無いですが、猿も昔から好きな動物ですね。」

#4.ロレックス(ROLEX)の『Oyster Perpetual』&ハミルトン(HAMILTON)の『VENTURA』

コメント
「オイスターは父親の形見で恐らく1960年代のもの。ベンチュラは90年代で、どちらかというと現行に近いものですね。そもそも時計にはあまり興味が無かったんですが、ベンチュラに関しては特別。こんなにハマった時計はベンチュラだけですね。フェイスの形が本当に魅力的です。今日持ってきたものも合わせて、ベンチュラは計4つ持っています。」

#5.レイバン(Ray-Ban)のサングラス

コメント
「これも家にはもっとたくさんあるんだけど、ボシュロム時代のレイバンのサングラス。今はイタリア生産だけど、ボシュロム時代のものって色々な都市モデルがあって、形も面白いものが多いんです。たぶん、普段掛けないものも含めると20から30個ぐらいはあるんじゃないかな。普通に掛けるにはイタリア製のクラブマスターがサイズ感とかも良かったりするんだけど、ものとしての魅力が全然違うんですよね。これは意識的に集めているものの1つです。」

#6. ホワイトシャツ

コメント
「集めだすと本当にきりが無いんだけど、デザイナーズから古着、アメリカものからヨーロッパものまで、見つけたらとりあえず買っています。白シャツって、ちょっとしたステッチの違いとかなんだけど、1枚1枚、全部が違うので。もうライフワークに近いものがありますね(笑)。
サイズが微妙に合わなかったりするので、着ることは無いですけど。実際に着用する分には自分で作ったソーイ シャツのものが一番気に入っています。」

#7. 「TIME」

コメント
「TIMEの何が良いって、写真が抜群に格好良いんですよね。報道カメラマンの写真って、本当にいちいち格好良いんです。情報が欲しいからというよりも、そういう視点で買ってしまう。DMを作ったりする時に参考にすることが多いです。ファッション誌とは色の使い方もレイアウトも違って、なんというか“強い”。大好きな雑誌の1つですね。」

#8. Norman Rockwellのイラスト付きアドレスブック

コメント
「ロックウェルの絵って基本的には風刺画だと思うんですが、写真なんかよりもずっと当時の温度が伝わるんですよね。洋服の生地の質感までイラストで分かるのってすごいじゃないですか。なので、勉強の一環として良く見ています。このアドレスブックは一度PASS THE BATONに出品したんだけど、最近同じものをたまたま神保町で見つけて買い戻しました。勿体無くて、アドレスブックとしては1度も使ったこと無いんですけどね(笑)。」

#9. Cy Twomblyのポスター

コメント
「昨年亡くなってしまったアメリカ出身のアーティスト、Cy Twomblyがパリで展覧会を開いた時のポスター。もともとブラック・マウンテン・カレッジ周りのアーティストは好きなんですが、僕はその中でも彼のタッチがとても好きで。展覧会のときの図録とか、Tシャツとか他にもグッズはたくさん持っています。アメリカのアートを作り上げた偉大な人物だと思います。」

#10. 鶏舎の冷やしネギそば

コメント
「オフィスのすぐ近くにある中華料理屋、鶏舎の冷やしネギそば。とにかく美味しくて、この夏はほぼ毎日食べてたんじゃないかな(笑)。
中華屋のネギそば!って感じ。中目黒に来た際には、ぜひ足を運んでみて欲しいですね。」

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。