注目ブランドの新作を一足先にピックアップ! 2011年春の“鉄板ブランド特集”その10 『サスクワァッチファブリックス』編

by Mastered編集部

pitch「ココだけは外せない!」という2011年春夏シーズンの“鉄板ブランド”とその新作を一挙にご紹介していくこちらの連続特集企画。今回は「HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF FRESHNESS.」をコンセプトに、現代の東京シーンを縦横無尽に駆け抜ける『サスクワァッチファブリックス(SASQUATCHfabrix.)』にご登場いただきます。

「本来は長年の修行を経て、ようやく到達することが出来る“禅の境地”に、修行無しでたどり着いてしまおう」という実在する考え方、“ZENANARCHY”をテーマとして掲げた今シーズンのコレクションは、禅を連想させるオリエンタルな要素とデニムに代表されるスタンダードな素材を掛け合わせた、独自のミックス感覚が光るユニークなラインナップに。それではデザイナーである、Wonder Worker Guerrilla Bandの両名が自信を持って送り出す、会心の新作をとくとご覧あれ!

#01.ライダースジャケット

019紙のように薄いラムスキンを素材に使用した新感覚のライダースジャケット。
両腕に付いた星型のスタッズが大きなアクセントとなっています。
ノーカラーの首元を生かして、レイヤードで楽しむのも一興。

155,400円(ドワグラフ)

襟はノーカラーに。両腕のスタッズと肘のパッチが印象的。

#02. デニムジャケット

0192種類の異なるデニム素材をミックスしたジャケット。
全体にウォッシュをかけることにより生まれた独特の風合いは、長年履きこんだジーンズのようにどんなスタイルにでもマッチします。
更なる経年変化も楽しみなところ。

44,100円(ドワグラフ)

ボタンの淵にはレザーを使用。2種類の異なるデニム素材をミックス。

#03.ブルゾン

0193種類の生地を接ぎ合わせたベストにデニム素材の袖を強引に付けた“らしさ”溢れる1枚。
ジャケットと同じく、袖にはウォッシュがかけられており、こちらも風合いは抜群。
丸くカットされた脇下のディティールもユニークです。

52,290円(ドワグラフ)

ベストには3種類の生地を接ぎ合わせて使用。強引にベストに合わせた脇下のディティールも◎。

#04. セットアップ

019某スペースシャトルの宇宙飛行の際、実験のため、機内に持ち込まれた鯉をイメージソースに、アロハ生地へと落とし込んだインパクトたっぷりのセットアップ。
その独自の世界観は無条件に服好きの物欲を刺激します。

シャツ 23,100円 パンツ 24,990円
(ともにドワグラフ)

“Cosmic Koi Koi”の文字には思わずニヤリ。パンツはクロップド丈。

#05. カーディガン

019スパンコールを編み込んだニットと綿スレキを組み合わせたオリジナル素材のカーディガン。
素材に煌びやかなスパンコールを使いつつも、落ち着いたカラーリングとパイピングでバランスを取った着回しの効く1枚です。ジャケットやブルゾンのインナーとしても優秀。

23,100円(ドワグラフ)

生地にはスパンコールをミックス。

#06. アロハシャツ

019陽気なイメージの強いアロハシャツをドクロと菖蒲を浮かべたオリジナルのテキスタイルによって、毒のある1枚に。
開襟になった襟や、テロッとしたレーヨン素材の生地など、アロハシャツのマナーとも言えるディティールが各所に配された遊び心を更に引き立てます。

23,100円(ドワグラフ)

ドクロと菖蒲を浮かべたオリジナルのテキスタイルを採用。襟裏は別生地で切り替え。

#07. ボートネックTシャツ

019今シーズン、流行の兆しが見える“マリンスタイル”の定番、ボートネックTシャツも同ブランドの手にかかれば、一味違う仕上がりに。
大きく“骨”がプリントされた袖と、見慣れたボーダーのボディとのギャップが新鮮です。

14,490円(ドワグラフ)

袖には骨を大きくプリント。ボディはボートネックとボーダーの定番デザイン。

#08. フットボールTシャツ

019定番的にリリースされ、好評を博しているフットボールTシャツが今季も新たなデザインで登場。
前後にプリントされた末広がりの“88番”はそのままに、首元と袖にゴールドのラインをプラスしています。フロントとバックを敢えて、ほぼ同じデザインにしている辺りもさすが。

18,690円(ドワグラフ)

敢えて、バックもほぼ同じデザインに。

#09. パッチワークデニム

0193種類の生地を接ぎ合わせたオリジナル生地、通称“ゾンビ生地”を使ったパッチワークデニム。
ブルゾンのベスト部分に使用されていたモノと同じ生地ですが、ブラックになるとぐっとクールな印象に。シャツやジャケットなどキレイ目なアイテムにもばっちりハマります。

50,400円(ドワグラフ)

ボタンはブラックのくるみボタン。バックのディティールにもご注目。

#10. ボンデージパンツ

019ミリタリークロスのカーゴパンツとボンデージパンツを絶妙なバランスでミックスした逸品。
バックまで繋がったフロントジップや、深めの股上、“ZENANARCHY”の刺繍、ジップにより変更可能なシルエットなど、独自のギミックはまさしく、一見の価値ありです。

28,140円(ドワグラフ)

ジップにより、様々なシルエットを楽しめます。フロントジップはバックまで繋がるデザインに。

#11. トレーニングパンツ

019キックボクシングやムエタイなど、格闘技で良く見かけるトレーニングパンツを大胆にもストリートに落とし込んだ意欲作。
鮮やかなカラーリングはもちろんのこと、両サイドに入ったテーマのプリントとフロントのワッペンもアクセントに。
長すぎず、短すぎずの絶妙な丈にも注目です。

18,690円(ドワグラフ)

フロントのワッペンがアクセントに。裏地にはメッシュ素材を採用。

#12. ベルクロシューズ

019オリジナルのスエード素材を用いたベルクロシューズ。
スニーカーとブーツの間をとったようなデザイン、タンにはおなじみのロゴ入り革パッチ、ソールはビブラムソールと細部に至るまで言う事なし。
ハンパ丈パンツとの相性も◎。

65,100円(ドワグラフ)

タンにはおなじみのロゴ入り革パッチ。ソールにはビブラムソールを採用。

#13. ジップスニーカー

019某社の大定番モデルを髣髴とさせるコットンキャンバス地のアッパーにWALDES社製の10号ファスナーを付けた紐無しスニーカー。
ボカしをかけたサイドのパッチも同ブランドならではのジョークが効いたワンポイント。

25,200円(ドワグラフ)

アッパーはWALDES社製の10号ファスナーでカスタム。

#14. バンダナ

019“禅”を連想させるオリジナルの文字プリントで淵を囲ったバンダナ。
腕や足に巻きつけるほか、チーフとして使用したり、パンツからぶら下げたりと、様々なシーンでの活躍が期待できます。

各3,990円(ドワグラフ)

端には持ち手もあり。オリジナルの文字プリントが印象的。

商品のお問い合わせ先

ドワグラフ
Tel:03-6450-3370
http://www.sasquatchfabrix.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。