注目ブランドの新作を一足先にピックアップ! 2011年春の“鉄板ブランド特集”その4 『サンシー』編

by Mastered編集部

pitch「ココだけは外せない!」という2011年春夏シーズンの“鉄板ブランド”とその新作を一挙にご紹介していくこちらの連続特集企画。今回は独自のモノづくりと絶妙なバランス感覚、そしてキュートな“もうやんマーク”で東京のストリートシーンを席巻しつつあるユニセックスブランド、『サンシー(SUNSEA)』にご登場頂きます。

“NEW ViSiON”というテーマを掲げた今シーズンのラインナップにはその言葉通り、ファッションの新しい見方や着方を徹底的に追求したオンリーワンな魅力を持つアイテムがずらりと勢ぞろい。それでは珠玉の全15アイテムをとくとご覧あれ!

#01.ライダースジャケット

0193wayで着用が可能なリネン素材のライダースジャケット。
インナーはオンブレチェックのジップカーディガンとなっており、袖口からちらりとのぞくチェック柄も大きなポイント。
これ1枚で様々なレイヤードスタイルを楽しめるコストパフォーマンスの高い逸品です。

59,850円(サンシー)

ノースリーヴのベストとしても着用可能。インナーはジップカーディガンとして。

#02. リバーシブルブルゾン

019リバーシブルで着用出来るレーヨン素材のブルゾン。
立体的なシルエットの袖や、ボディと同じくリバーシブルになったriri社製のジップなど、キュートな見た目とは裏腹に並々ならぬこだわりが感じられる1枚です。
裏地はリネンとコットンリネンで出来ているため、通気性も◎。

47,250円(サンシー)

裏返すと袖はストライプに。なんとジップまでリバーシブルに!

#03. プルオーバーパーカー

019サンシーが誇る不動の人気アイテム、“壊れたパーカー”の最新版。
スウェットパーカーから袖とフードをカットオフし、インナーと組み合わせるという独自の手法はそのままに、袖を今シーズンの象徴的な柄である、オンブレチェックへと変更しています。

33,600円(サンシー)

袖とフードの跡はあえて切りっぱなしに。もちろん、インナーだけでも着用できます。

#04. ジップパーカー

019前述した“壊れたパーカー”に今季は待望のフルジップタイプが登場。袖との組み合わせを考慮し、パーカー部分の裏毛にもレーヨンが使用されています。
プルオーバーとは異なり、インナーがジップカーディガンになっているため、また違った楽しみも。

37,800円(サンシー)

ノースリーヴパーカーとしての着用も可能。インナーはジップカーディガンに。

#05. ワッフルパーカー

019ボディにはダブルフェイスのスウェット、インナーにはワッフル素材のフード付きサーマルを使った着心地抜群のアイテム。
1970年代を意識したという杢グレーの色味はファッッション好きをも唸らせる完璧な仕上がりです。
袖はリブ無しのショートスリーヴ。

26,250円(サンシー)

美しい杢グレーの色味にご注目。インナーにもさり気なくポケットが付属。

#06. デニムシャツ

019軽めのデニム素材にバイオウォッシュ加工を加えたロングシャツ。
脇ポケット、フロントのポケット跡に加え、なんとポケット跡と同じ形のポケットが内側に付いているというサプライズもあり。
経年変化も楽しみなところです。

25,200円(サンシー)

軽めのデニム素材にバイオウォッシュ加工を施しています。フロントには大きなポケット跡が2つ。

#07. ラグランTシャツ

019袖をカットオフしたラグランTシャツにシルク入りコットンを組み合わせた新感覚の1枚。
某スーパーモデルのタトゥーをモチーフにしたという両袖のプリントが特徴的です。
切りっ放しの裾も好印象。

14,700円(サンシー)

袖にはシルク入りコットンを使用。タトゥーライクなプリントがアクセントに。

#08. デニムTシャツ

019ロングシャツと同じく、バイオウォッシュ加工を施したデニム素材のTシャツ。
こちらもフロントには大きなポケット跡が入っており、両サイドには便利なスラッシュポケットも付属。
難易度高めなデニムのセットアップも手軽に実現可能です。

17,850円(サンシー)

大きなポケット跡がポイントに。両サイドには便利なスラッシュポケットが。

#09. チェックTシャツ

019オリジナルのレーヨン生地を用いたTシャツ。
シャツのイメージが強いオンブレチェック柄を、あえてTシャツに使用したまさしく“NEW ViSiON”なアイテムとなっています。
ステッチのないポケットもワンポイントに。

各21,000円(サンシー)

フロントにはステッチのない胸ポケット。

#10. ビッグパンツ

019以前、某大手デニムメーカーが実際に製作していたピエロ用のパンツを現代に再現した型破りな1本。
スーパーワイドなシルエットはもちろんのこと、セルビッチの裾、作業途中のようなバックポケットのステッチなど、服好きの心を刺激するギミックが随所に配置されています。

33,600円(サンシー)

裾はセルビッチ。バックポケットのステッチもユニーク。

#11. フリマパンツ

019“フリーマーケットで使えるパンツ”という明確なテーマを元に製作されたユニークなボトムス。
立体になった膝、ポケットに付いた小銭入れ、布帛で補強されたヒップ部分などその名の通り、今すぐフリーマーケットに出かけたくなる細かいディティールには脱帽です。

25,200円(サンシー)

ポケットには小銭入れが付属。地面にも座れるよう、ヒップ部分はフハクで補強。

#12. チェックショーツ

019レーヨン素材を使用したオンブレチェック柄のバミューダショーツ。
若干短めにとられた膝上丈が今シーズンらしい。
シルエットはシンプルながら、レイヤードでも楽しめる汎用性の高さも魅力の1つです。

各23,100円(サンシー)

バックポケットもアクセントに。

#13. ハンチングキャップ

019過去にもリリースされ、好評を博したハンチングキャップをラフィア素材で製作。
ぐるりと一周したパイピングとフロントの皮ひも、涼しげな素材感がベストマッチ。
太陽と海が良く似合う“サンシー”らしいアイテムです。

21,000円(サンシー)

涼しげなラフィア素材を使用。

#14. メッセンジャーバッグ

019A3サイズの書類も楽々入る大ぶりなメッセンジャーバッグ。
持ち手には一点一点、異なるヴィンテージのベルトを採用しており、内ポケットもあり。
表地には柔らかいカウレザー、内側には防水性能に優れたターポリンを用いるなど、素材使いも文句無しです。

60,900円(サンシー)

持ち手にはヴィンテージのベルトを採用。便利な内ポケットもあり。

#15. レザーサンダル

019プレーントゥシューズをそのままカットしたかのような、ユニークなシルエットのレザーサンダル。
足首に巻きつけるためにわざと長めにとられたヒモや、ビブラムソールなど心憎いギミックが満載です。
この他、スニーカー風の替えヒモも付属。

33,600円(サンシー)

プレーントゥシューズをそのままカットしたかのようなシルエットが特徴的。ソールにはビブラムソールを採用。

SUNSEA

商品のお問い合わせ先

サンシー

Tel:03-3378-5550
http://sunsea34.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。