注目ブランドの新作を一足先にピックアップ! 2011年春の“鉄板ブランド特集”その2 『ディガウェル』編

by Mastered編集部

pitch「ココだけは外せない!」という2011年春夏シーズンの“鉄板ブランド”とその新作を一挙にご紹介していくこちらの連続特集企画。今回は2010年秋冬コレクションの紹介記事でも驚異的なアクセスを叩き出した、デザイナー西村浩平氏が手掛ける東京新世代ブランドの注目株『ディガウェル(DIGAWEL)』にご登場頂きます。

ディガウェルにとっての闇を表現し、そのブラックボックスの中で編集された“atlas(地図)”をキーワードに据えたという今シーズンのコレクションは、西村氏の個人的な洋服を色濃く表現し、程よく力の抜けたリラックス感漂う素材感やシルエットが特徴的なラインナップに。ゆるいシルエットのコートから、お得意のシャツ、ガウンにワイドパンツまで、バラエティ豊かな珠玉のアイテム群をとくとご覧あれ!

#01.ステンカラーコート(チェック)

019リネンのオリジナルチェック地を使用したコート。
ゆったりとしたシルエットと独特のシワ感がこのブランドならではのリラックスした雰囲気を生み出しています。
襟裏の綿シルクや“たるみ”のあるフロントポケットなど細かなディティールも見逃せないポイントに。

50,400円(ディガウェル)

襟裏には綿シルクを使用。“たるみ”のあるポケットも特徴的です。

#02. ステンカラーコート(コーデュロイ襟)

019襟にコーデュロイ素材を使用したステンカラーのスプリングコート。
シルエットはチェックコートと同じく、身幅にゆとりを持たせたものながら、美しいサックスブルーのカラーが春先の気分にぴったりです。フロントのボタンは水牛ボタン。

44,100円(ディガウェル)

襟にはコーデュロイ素材を使用。こちらもポケットは“たるみ”のあるデザインに。

#03. ステンカラーコート(前立てニット)

019前立てにリブニット素材を用いて、モードなエッセンスを加えた比翼仕立てのコート。
ちらりと覗いた裏地のキュプラが着用時の大きなアクセントとなります。フロント左側のボタン付きポケットも便利かつ、スタイリッシュなワンポイント。

48,300円(ディガウェル)

ニットの前立ては比翼仕立てに。小ぶりなボタン付きポケットもキュート。

#04. コンビMA-1

019綿シルクとコットンで軽やかに仕上げたMA-1ジャケット。
シルエットやジップポケットなどの基本は踏襲しつつも、ミリタリーの王道である“MA-1”から、敢えて無骨なイメージを取り払うというこのブランドらしいアプローチが新鮮です。
いぶしの加工で白っぽいジップも◎。

39,900円(ディガウェル)

ジップはホワイトにペイント。左腕にはお決まりのジップポケットを搭載。

#05. コンビラペルジャケット

019シングルボタンのジャケットに飾りボタンを付けて“ダブル風”に仕上げたユニークな1着。
外側のボタンはあくまで飾りボタンですが、Cluster的にはあえて第一ボタンをダブルで留めて着用するのがオススメです。
全体に洗いがかかっており、風合いも抜群。

47,250円(ディガウェル)

シングルボタンの外側に飾りボタンを配置し、“ダブル風”に。こちらもボタンや裾から裏地のキュプラがちらり。

#06. ガウン

019オリジナルのチェック地を使用したリネン素材のガウン。
ハリのある生地感、ふわりとした襟元、便利なホック仕様など、文句のつけようが無い1枚です。
ガウンというとコーディネートが難しい印象がありますが、気負わず、シャツコート感覚でガンガン着倒したいところ。

39,900円(ディガウェル)

着脱が簡単なホック仕様も嬉しいポイント。襟元はふわりとした特徴的なデザインに。

#07. パイピングシャツ

019フロントのジップと襟のパイピングがポイントになったシャツ。
どちらかというアウター類に多く見られる“2枚袖”になったスリーヴや、このアイテムの為だけに別注をかけたカーキのジップテープなど、並々ならぬこだわりにもご注目。
シャツとしても、ブルゾンとしても楽しめる逸品です。

23,100円(ディガウェル)

襟のパイピングがポイントに。この為だけにriri社に別注をかけたジップテープ。

#08. プリーツプルオーバーシャツ

019肩に入ったギャザーとプリーツが印象的なオリジナルのストライプ地を使ったプルオーバーシャツ。
ギミックたっぷりなフロントとは対照的に背面にはヨークが無く、美しいスッキリとしたバックスタイルを実現しています。緩やかなAラインシルエットもコーディネートの幅を広げるさり気ないアクセント。

18,900円(ディガウェル)

背面はヨークのないスッキリとした仕上がり。肩のギャザーが大きな特徴に。

#09. チェックシャツ

019春らしい爽やかなチェック地のロングシャツ。
こちらもオリジナルのリネン生地となっており、通気性は抜群です。
春夏の定番である“チェックシャツ”をあえて、5つボタンのプルオーバータイプに仕上げたディガウェルらしいアイテム。

19,950円(ディガウェル)

広めにとられたボタン間隔にも注目。春らしい爽やかなチェック柄を使用。

#10. 3タックパンツ

0192010年春夏シーズンにもリリースされた3タックのワイドパンツが更なる進化を遂げて登場。
でこぼことした生地感が面白く、こちらもジャケットなどと同様、ポケットから裏地のキュプラがちらりと覗きます。
少しくすんだカーキの色味も絶妙。

19,950円(ディガウェル)

ポケットから吹き出したキュプラは、今シーズンを象徴するデザインの1つ。

#11. 6分丈ショーツ

019シンプルなシルエットの6分丈ショーツ。
裾には計6つの水牛ボタンが付属しており、様々な着方を楽しめます。
こちらも裏地にキュプラが用いられており、バックポケットから同色のキュプラが吹き出すデザイン。

19,950円(ディガウェル)

バックポケットからは同色のキュプラが。裾の水牛ボタンにより、様々な着こなしを楽しめます。

#12. レザーショルダーバッグ

019定番的にリリースされ、好評を得ている大ぶりのレザーショルダーバッグ。
手触りの良い高品質なカウレザーが使用されており、豊富な収納も魅力的です。
まさしく“一生モノ”と呼ぶに相応しい完成度の高いバッグ。

81,900円(ディガウェル)

こちらもジップはホワイトにペイント。

#13. ストール

019リネンと綿シルクを使った春夏用のストール。
落ち着いた配色のチェック柄と上品な綿シルクの表情とのギャップがたまりません。
大きさも、大きすぎず、小さすぎずと絶妙で夏の冷房対策にももってこい。プレゼントにしても喜ばれること請け合いです。

13,650円(ディガウェル)

チェック柄の裏地はリネン素材。落ち着いた配色が好印象。

ディガウェル

お問い合わせ先

ディガウェル

〒153-0065 東京都目黒区中町2-11-16 MAP
Tel:03-6452-3220
営業時間:12:00?21:00
http://www.digawel.com

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。