10 Of The C: Vol.1 澤村泰介(ガーデン ディレクター)

by Mastered編集部

巷を騒がすクリエイターたちの持ち物って、どんなもの? 毎月1名の気になるクリエイターに、愛用の私物の中から、これぞ!と思う10個のモノを厳選してご紹介していただく新コーナー「10 Of The C」が本日よりスタートです!記念すべき第一回目は、近年その知名度をメキメキとUPさせ、一目置かれる存在となっているセレクトショップ「ガーデン」のディレクター/バイヤーである澤村泰介氏。

エッジの効いたアイテムセレクトで知られるガーデンのバイヤーらしいアイテムから、普段身につけているもの、ガーデンのお店に置かれているオブジェまで、幅広いアイテムをご紹介いただきました!

#1. ティエリーラスリー(THIERRY LASRY)のサングラス

コメント
「4年前、NY・マンハッタンのもともと精肉工場跡地だったミートパッキング地区(Meat Packing District)という街があって、ちょうど今の中目黒のように個性的なお店が集まった場所で、当時NYでも注目のスポットでした。そのなかに一軒、不思議なアイウェアショップがあって、そこで展示されていたサングラスがこれです。購入をきっかけに、このブランドのアイウェアをガーデンでも取り扱うようになりました。」

#2. 西陣織のスカジャン

コメント
「7〜8年前に、九州・福岡のヴィンテージ古着屋で、店頭には出ていないものだったのですが、”スゴいものがある”とオーナーに見せてもらって。その年のボーナスを握りしめて買いに行きました。リバーシブルのスカジャンで着物の生地、特に西陣織のものというのは、まず見かけないですね。サイズがどんぴしゃだったというのも購入の決め手でした。」

#3. パネライ(PANERAI)のラジオミール(RADIOMIR)

コメント
「これは30歳の記念として購入したものです。30代の10年間は18金の腕時計をしたいと以前から考えていて、様々なブランドのものを見て回った結果、パネライのこのモデルがしっくりときたんです。普段からずっと身につけているアイテムですね。」

#4. サンシー(SUNSEA)×ガーデンズ(GARDENS)のベースボールシャツ

コメント
「先日、ガーデンでスタイリスト岡部文彦氏率いるバリカンズと行ったイベント”VALLICANS IN GARDEN”の開催にあわせて制作したリバーシブルのベースボールシャツです。サンシーのデザイナーさんがバリカンズのメンバーだったということもあり、バリカンズに対抗して”GARDENS”という刺繍を入れました。この刺繍デザインは、岡部さんと2人で決めたものです。サンシーの本ラインでも作っていない型に、刺繍を入れたスペシャルな一着。」

#5. サルのラジコン

コメント
「こちらは、東京・お台場にあるヴィンテージインテリアショップ”ストレンジラブ”にて購入しました。はじめは非売品と言われていたのですが、通いつめて、売ってもらいました。何用に作ったのかは不明で謎めいているのですが、デザインのリアルさ、ラジコンで遠隔操作できるところから、個人的にはひょっとしたら映画撮影用か、自然科学館のようなところで使うもののプロトタイプではないかと思っています。ガーデンのレジ横に置いてある、お店のアイコン的存在ですね。」

#6. エルメス(Hermes)の7インチレコードボックス

コメント
「ずっと7インチレコードボックスを探していたのですが、最近、これを渋谷・ファイヤー通りにあるMUROさんプロデュースのお店「ディーゴ(DIGOT)で見つけました。もともとはレディースの化粧品ボックスだったらしいのですが、それをMUROさんが改造して7インチレコードボックスにしたのだとか。」

#7. ロバート・ワーナー(ROBERT WARNER)のレザージャケット

コメント
「ミュージシャンのステージ衣装・プライベートウェアをオーダーメイドで手掛けた、現在の西海岸ブームの草分け的存在、ロバート ワーナーのレザージャケットです。地方のショップで見つけてきたものです。あのThe Doorsのメンバーが着用していた世界でただひとつの貴重なもので、自慢の一着です。」

#8. ヘヴォゴンファクトリー(HEAVOGON FACTORY)のオブジェ

コメント
「これはガーデンが2年前に行った”ジャンクサーカス”というイベントのために制作したもの。グラフィックデザイン、プロップ&インスタレーションデザインやステンドグラス制作などを手掛けるアートスタジオ、ヘヴォゴンファクトリーの谷和レオさんに頼んで作ってもらいました。アメリカの洗面場にあるメディシンボックスを取り外して、ステンドグラスをはめ込んだもので、内側から溢れる光がお気に入りです。」

#9. ガンリュウ(GANRYU)のサルエルパンツ

コメント
「これほどのサルエルは他に見たことがありません。ある意味、世界一のサルエルパンツですね。そこへのリスペクトという意味もあり、買いました。もともと、サルエル好きというわけではないのですが、春夏にはヘビーローテーションしていた一着です。今年の秋冬にリリースされるアップデート版にも注目しています。」

#10. ロミの”突飛なるものの歴史”

コメント
「知人から”絶対に読んだほうが良い”と勧められた一冊。今の現代アートにおけるヒントを知ることができる貴重な書籍で、ファッションのみならず、エディトリアルであったり、建築であったり、デザインをしている方にはぜひ読んで欲しいと思います。小説家・澁澤龍彦が影響を受けた愛読書なのだとか。」

→Amazonで購入する

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。