片想い・片岡シンと巡る東京銭湯と〆の「逸食」 – vol.03 北品川・天神湯 –

by Marina Haga

片想いのボーカルでもあり、墨田区・御谷湯の若旦那でもある片岡シンさんを案内人にたて、毎回ゲストを銭湯にアテンドするという新連載『片想い ・片岡シンと巡る東京銭湯と〆の「逸食」 』。
同じ釜の飯を食うが如く、ゲストと同じ湯に浸かり語り合い最後に銭湯にマッチした「逸食」を実食するという、銭湯と食の抱き合わせで東京の銭湯をぶらり巡っていく。
今回は、在日ファンクのボーカルであり、俳優としても活躍するハマケンこと浜野謙太さんをゲストに迎え、芸能人や業界人が通っているという北品川にある天神湯に行ってきた。

Photo:Kiyono Hattori、Text&Edit:Marina Haga

1 / 8
ページ

最寄駅は新馬場。銭湯までの道中にも注目

北品川という少しニッチな地に、芸能人やファッション業界人が足繁く銭湯があるという。最寄り駅は、品川駅から京急本線で2駅下ったところにある新馬場。

今回の目的地である天神湯に行くには、新馬場駅を降り、新馬場商店街を通ることになるのだが、この道がなんともカオスで面白い。

過去に『モヤモヤさまぁ~ず』に登場している街だけあって、通りに並ぶ店のネーミングセンスやそのゆるいフォントがツッコミどころ満載なのだ。メゾンブランドの名前を取って、ゴージャスに佇むパブ、チャイニーズミッキーを店のアイコンにした理髪店まで……、とにかくトンチが効いたお店が軒を連ねている。

天神湯の隣の、クイーンにて。現在は営業はしていないみたいだが、付近にはこのようにレトロな佇まいの建物が多数存在するので、探索の価値あり!