【今日の逸品】GUCCIのドローストリングバッグ

by Marina Haga

“WHAT ARE WE GOING TO DO WITH ALL THIS FUTURE?(こんな未来しかないならどうしたら良いの?)”。 先の見えない未来に関して誰もが心の片隅でぼんやり思い描いていることを、力強く表現してくれたGUCCIのコラボレーションが面白い。

Photo:Shuhei Nomachi

GUCCIのクリエイティブ・ディレクター、Alessandro Michele(アレッサンドロ・ミケーレ)といえば、長年続いたノームコアという時代に、ヴィンテージとストリートを融合させた遊び心のあるスタイルを打ち出し、ファッション本来の持つユニークな部分を復活させてくれた人物であることは周知の通り。

そんなギークでアイコニックなスタイルが得意な彼が、今回コラボレーションのパートナーとして選んだのは、1992年生まれのアーティスト兼フォトグラファーであるCoco Capitán(ココ・キャピタン)。フォトグラファーとしての活動の方が目立っていた彼女だったが、Micheleが目をつけたのはそちらではなく彼女の独特な字体とメッセージ。それが彼の手を通して、今秋冬 のコレクションを象徴するステートメントピースに変貌を遂げた。

コラボレーションには、こちらのドローストリングバッグを含め、スウェットシャツやTシャツ、コートなどがラインナップ。ブランドのアイコンである、グリーン・レッド・グリーンのウェブ ストライプにインターロッキングG、そこにCapitánのアイロニーに満ちたハンドライティング風のメッセージがのせられ、両者の美学が反映されたものとなっている。

ドローストリングバッグにはレザーハンドルが付いており、トートバッグとして使用することも可能。すでに直営店や公式オンラインショップで販売がスタートしているので、すぐさまチェックを。

【お問い合わせ先】
GUCCI JAPAN CUSTOMER SERVICE
TEL:0120-88-1921
www.gucci.com

208,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。