【今日の逸品】BOTTEGA VENETAのトートバッグ

by Keita Miki

「When Your Own Initials Are Enough(自分のイニシャルだけで十分)」。Tomas Maier(トーマス・マイヤー)が2001年にBOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)のクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、ブランドの指針として掲げてきたこのモットーを体現する注目のサービスが新たに始動した。

Photo:Shuhei Nomachi

そして、そんなBOTTEGA VENETAのカスタマイズ・サービス、「パーソナライゼーション」プログラムから生まれたのが、このトートバッグ。

防水・撥水の耐性テストをクリアしたキャンバス素材を用いたバッグでは、デザインされているラインの真ん中部分に3文字まで、好みのイニシャルを入れることが出来る。

イニシャルが入るだけで、憧れのBOTTEGA VENETAがちょっぴり身近な存在になったような気がするし、やはり”自分だけのデザイン”というのは嬉しいもの。

加工の種類も豊富でアイテムにもよるが、エンボス加工(無料)、スタンプ加工(無料)、ステッチ加工(有料)と選択が可能で、自由度も高いので、大事な人へのプレゼントとしても最適だ。

どんなイニシャルを入れようか、今から頭の中であれこれ考え、満を持して店舗へと足を運ぼう。

【お問い合わせ先】
BOTTEGA VENETA
TEL:0120-60-1966
http://www.bottegaveneta.com/

170,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。