世の中の「不思議な家」を徹底解剖! 『哲子の部屋』 第1回:玄関がバスルームになっている家

by Mastered編集部

かの哲学者フリードリヒ・ニーチェはこう言った。 「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである」

strangeHouse01_160205
かの哲学者フリードリヒ・ニーチェはこう言った。

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである」

という訳で、本日より突如としてスタートするこの連載『哲子の部屋』 は、各所で好評を博している『R-STORE FRIENDS on eyescream』に続く、不動産セレクトショップ『R-STORE』とEYESCREAM.JPによる第2弾”家系企画”。

本連載では、世の中に存在する「不思議な家」にフィーチャーし、そのあまりにも哲学的すぎる魅力をR-STORE「チーム・哲子」のお二方とEYESCREAM.JPならではの視点で徹底解剖していく。

第1回:玄関がバスルームになっている家

記念すべき第1回で紹介するのは、玄関がバスルームになっている家。

「玄関がバスルームになっている家」……言葉だけ聞くと全く意味が分からないと思うが、事実は小説よりも奇なり。そう、言葉通り、この部屋は玄関がバスルームなのである。

こうして文字にしてみると益々カルト感が増すのだが、ひとまずは落ち着いて、以下の文章通りに意味を受け取って欲しい。

この家にはバスルームから入る。つまり、玄関を開けると、そこにはまず風呂があるのだ。
玄関から奥に進むと次に現れるのはトイレ。その奥にガラス戸があり、そのガラス戸を開けるとようやく居間に辿り着く。

これがこの家に存在する事実だ。

玄関を開けると目に入るバスタブ

玄関を開けると目に入るバスタブ。

逆側から見るとこんな感じ。玄関には目隠し用のブラインドとシャワーカーテンを完備。

逆側から見るとこんな感じ。浴室窓には目隠し用のブラインドとシャワーカーテンを完備。

そもそも「事実」とはなんなのだろう。

玄関ドアを開けると、そこにはたしかに風呂がある。風呂釜とお湯がでる蛇口、そしてシャワーがあるだけだ。だけれど、風呂釜から「風呂釜」という名前を取り除けば、それはもしかしたら巨大な靴箱なのかもしれないし、シャワーから「シャワー」という名前を取り除けば、それは水が出る機能を持っただけの風変わりなコートハンガーなのかもしれない。

部屋全体が細長い構造になっている。

部屋全体が細長い構造になっている。

居間もただただ細長い。

居間もただただ細長い。

収納は可動式。

収納は可動式。

かの哲学者フリードリヒ・ニーチェはこう言った。

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである」

目の前にある事も、突き詰めていくと必ずしもそれが事実だと証明は出来ない。あるのは解釈だけなのである。一見ありえないと思われがちなこの部屋の間取りも、捉えようによっては至って普通なのかもしれない。

事実、この部屋はすでに満室なのだから。

POSTED BY

R-STORE 広報®&マッド岸田 a.k.a. チーム・哲子

おつむの弱さを哲学で覆い隠さんとすR-STOREの広報部部長とマネージャー。徹子の部屋は結構好き。ニーチェについては、あまり知らない。と言うか、全然知らない。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。