「髪」に関する悩みをスパッと解決! 行列のできる髪型相談所 第6回

by Mastered編集部

毎回様々な「髪」に悩みを抱える、迷える子羊たちがヘアスタイリスト、フジイくんの元を訪れ、その悩みをスパッと解決してもらう『行列のできる髪型相談所』。

毎回様々な「髪」に悩みを抱える、迷える子羊たちがヘアスタイリスト、フジイくんの元を訪れ、その悩みをスパッと解決してもらう『行列のできる髪型相談所』。

今回の悩める子羊:LURAS-I(レゲエセレクター)

ビフォーフロント

■お悩み内容:「男らしさを全面に出したい。」

前回の髪型相談もスパッと解決したところで、お次にやって来たのはレゲエセレクターとして活躍するルーラスくん。ヒゲが特徴的でワイルドな男前に見えるが、彼自身は今風のサイドグラデーションに飽きが来たらしく、もっと露骨で「男らしい髪型」にしてみたいとのことだ。

ビフォーサイド

ビフォーバック

たしかに現在のヘアスタイルだと前髪が長く、少しセクシーな印象を受ける。また、帽子を被った時に前髪がチラつくのも気になるそうで、いっその事バッサリとカットしたいとのこと。髪質は自他共に認める直毛で、パーマはかかりにくそう。スソ周りも伸びきってしまっているので、全体的にもう少し小綺麗にまとめた方が良さそうだ。

アフターフロント

そんなルーラスくんの悩みに応えるべく、今回、私フジイカズキが提案した髪型はコチラ。
題して”黙ってオレに着いてこい。ワイルドが止まらない無造作ショート”。

あまりハードに刈り上げ過ぎず、スソ周りも長さを残して外ハネ感が出る様にパーマをオン。加えて、トップは内巻きと外巻きのパーマをランダムに巻く事で「寝起きの様なボサボサ感」を演出。ハチ周り(頭の出っ張り)は外ハネで巻き、シルエットが少し逆三角形風になる様に。逆三角形のシルエットにすることで、アゴ先がシャープに見える視覚効果もあり。

ちなみにパーマは髪が濡れている状態の時が最もカール感が強く、ドライヤーで乾かすと少し伸びる仕組みなので、直毛でパーマがかかりにくい人は、細かめのロッドでパーマをかけたほうが乾かした際にイメージ通りになりやすいぞ。

アフターサイド

アフターバック

仕上げのスタイリングにはマットなワックスをチョイス。艶っぽいワックスよりは、パサパサした質感のワックスの方がこのスタイルには良く似合う。

てな訳で、今回のお悩みも難なく解決! 次回もお楽しみに!!

POSTED BY

フジイカズキ

AKAMEE所属の美容師。ヘアスタイリストとして活動しながら、外部でヘアメイクやアドバイザーもする。ストリートカルチャーに精通。また自身でストリートスナップも発信している。趣味は民族楽器。昭和生まれのニューエイジ系美容師。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。