東京不定点観測・増刊号 #3 『追憶のウエスターナ』

by Mastered編集部

絶賛発売中のセカンド 2009年10月号はアウトドア特集。

絶賛発売中の
セカンド 2009年10月号は
アウトドア特集。
見応えアリ!


リーの代表モデルであるウエスターナのセットアップにセントジェームスのウエッソン、そして足元は赤のスキッドグリップ。
久しぶりに更新したかと思ったら、いきなり何を言ってるんだコイツは、とお思いの方も多いでしょう。全くもってごもっともな話なんですが、じつはこれ、私阿部が大学の卒業式に出席した時のコーディネイトなんです。スーツや袴の中にカジュアルな大馬鹿野郎が一人。息子の晴れ姿を見にきた阿部文子もどれだけがっかりしたことでしょう。この時には既にライターとして仕事をしていた阿部ですが、間違いなくこんな道に進んだ馬鹿息子を蔑んだ目で見ていたに違いありません(多分今も)。

ま、そんな書いてるだけ頬が赤くなるような自虐話をご紹介しつつ、今回オススメしたいアイテムはリーのウエスターナ。
阿部自身、かなり昔から大好きなアイテムのひとつで、アイボリーのセットアップだけでなくモカのセットアップも持ってます。ウエスターナはデニムとはまた雰囲気が異なり、どこか清潔感のある印象が特徴的。そう、言うならば、彼女の両親に会うにはもってこいのお利口さんウエア(多分)。色落ちしたデニムをよく思わない親御さんはいても、上品さも感じさせるウエスターナを穿いている娘の彼氏を見て、悪く思う頑固親父はそういないかと。

ミントコンディションの100-Jが<br>このお値段とは驚きです。<br>リーの100-J<br>10,290円<br>(ロストヒルズ)

ミントコンディションの100-Jが
このお値段とは驚きです。
リーの100-J
10,290円
(ロストヒルズ)

リーライダース同様、<br>ジャケットにはレギュラーと<br>ロングの2タイプあり。<br>こちらはレギュラータイプ。

リーライダース同様、
ジャケットにはレギュラーと
ロングの2タイプあり。
こちらはレギュラータイプ。

では、何故ウエスターナをオススメするのか? 理由は簡単です。デニムにお腹一杯の人が多いのと、何よりプライスが手頃になっていることの2点です。
リジットデニムも素敵です。唯一無二なダメージデニムも芸術的。でも見慣れてくると違う所に目が行ってしまうのは、やはり男の性でしょう。
そして僕が場違いな格好をしていた頃(11年前)と比べて、とにかく値段が安くなっているのも事実。一時期は5万円近くしていたジャケット(100-J)も、ロストヒルズさんで見つけたミントコンディションはなんと1万290円。パンツもジャケット同様かなりお手頃になってるようです。ウエスターナの定番と言えばやっぱりアイボリーですが、モカやグリーン、そして希少なブラックなどカラーバリエーションも様々。ブラックは滅多にお目にかかれないアイテムゆえ、いまだに素敵なプライス(高価の意)ですが、それ以外のカラーは比較的お求め安い価格帯になっていると思うので、まだお持ち出ない方は是非ともチャレンジを。
ちなみにオススメのコーディネイトはセットアップにセントジェームスの……。

人気カラー、モカブラウンの102-Z。<br>リーの102-Z<br>26,040円<br>(ロストヒルズ)

人気カラー、モカブラウンの102-Z。
リーの102-Z
26,040円
(ロストヒルズ)

サイズ表記の入ってない‘60sモデル。

サイズ表記の入ってない‘60sモデル。

リニューアルしたばかりの<br>ロストヒルズ。<br>阿部のお気に入りは、<br>この雑貨コーナー。

リニューアルしたばかりの
ロストヒルズ。
阿部のお気に入りは、
この雑貨コーナー。

 

ロストヒルズ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-25-10 1F MAP
Tel:03-5410-2300
営業時間:11:00〜20:00
http://www.losthills.jp/

 

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。